第8回 物質探索・設計セミナー (2/26(金))のお知らせ ”交流スピントロニクスの最前線”

【第8回 物質探索・設計セミナー(神原研)のお知らせ】
スピントロニクスと呼ばれる研究分野は, トンネル磁気抵抗(TMR)ヘッドをはじめとして高密度な情報ストレージに必須となった技術をもたらしました.
今回はスピントロニクスの一分野 “磁気電気容量効果”の先駆者である海住英生先生をお招きし最新の研究を中心に講義いただく予定です.
——————————————————————–
講演者: 海住 英生 氏
(北海道大学電子科学研究所 准教授)
題目: 交流スピントロニクスの最前線
日時: 2016年2月26日(金) 13:00-14:00
場所: 慶應義塾大学 矢上キャンパス 14棟201号室 (セミナールーム1)
要旨: 電子の電荷とスピンの2つの自由度を利用する「スピントロニクス」は今世紀に入り輝かしい発展を遂げてきた。中でも、強磁性体/絶縁体/強磁性体から構成される強磁性トンネル接合は、室温にて巨大なトンネル磁気抵抗(TMR)効果を示すことから、国内外で盛んに研究が進められてきた。一方で、強磁性トンネル接合は室温にてトンネル磁気キャパシタンス(TMC)効果も示す[1,2]。最近、我々は室温にて150%を超えるTMC比を観測することに成功し、そのメカニズムがDebye-Fröhlichモデルにより説明できることを明らかにした[3]。本モデルによると、更なるTMC比の向上も期待できる。
このような磁場によりキャパシタンスが変化する「磁気キャパシタンス(MC)効果」は、強磁性トンネル接合のみならず、近年盛んに研究が行われているマルチフェロイック材料においても発見されている。最近では、磁気ナノグラニュラー膜[4]、分子スピントロニクス素子[5]、強磁性単電子トランジスタ[6]においても発見されており、MC効果に関連する当該研究分野が急速に発展している。このような観点から他の様々な材料・物質・デバイスにおいても巨大なMC効果が発見される可能性は極めて高く、学術的に広く展開していくものと期待できる。本講演では、このような新たな学際領域である「交流スピントロニクス」について、最近の動向を中心に紹介する。
[1] H. Kaiju et al.: J. Appl. Phys. 91, 7430 (2002).
[2] P. Padhan et al.: Appl. Phys. Lett. 90, 142105 (2007).
[3] H. Kaiju et al.: Appl. Phys. Lett. 107, 132405 (2015).
[4] N. Kobayashi et al.: Nat. Commun. 5, 4417 (2014).
[5] J.-Y. Hong et al.: SPIN 4, 1440015 (2014).
[6] T.-H. Lee et al.: Sci. Rep. 5, 13704 (2015).

*本件の連絡先: 物理情報工学科 神原陽一 (E-mail: kamihara_yoichi@appi.keio.ac.jp)


“スピン量子物性” 新版 窮理図解 (安藤 和也 准教授)

新窮理図解 No. 21 において,
安藤和也 准教授 が特集されました.

“私の本棚”の項には, 安藤先生が意外な本を愛読していることが書かれています.

以下は, 緒言から引用した文章です.
———————————————————————————————–
スピントロニクスとは、スピンという電子のもつ量子力学的自由度が生み出す新しい物理現象を探索し、電子技術への応用を目指す分野である。安藤和也さんは、電流と変換可能で、エネルギーをほとんど損失することなく情報を伝達できるとして注目されるスピン流を理論的に解き明かすことで、スピントロニクスの発展に役立てようと研究に取り組んでいる。
新版窮理図解No. 21
———————————————————————————————–


12/22(火) セミナーの案内 “Translation Invariant Linear Quantum Stochastic Networks” (Mr. Arash Khodaparastsichani)

セミナーの案内になります。ご興味のある方の参加をお待ちしております。

日時:12月22日、14:45 – 16:15 (4限)
場所:DR 6
講師:Mr. Arash Khodaparastsichani (PhD student, Univ. New South Wales, Australia)
Title:Translation Invariant Linear Quantum Stochastic Networks
Abstract:
This talk is concerned with a translation invariant network of identical quantum stochastic systems subjected to external quantum noise. This network is modelled as an open quantum harmonic oscillator and is governed by a set of linear quantum stochastic differential equations. Similar large-scale networks can be found, for example, in quantum metamaterials and optical lattices. Conditions for stability and bipartite quantum entanglement of nodes of the network are presented. We also consider the problem of designing a similar translation invariant quantum system, which plays the role of a coherent quantum controller, coupled through a bidirectional energy coupling to the plant so as to minimize a mean square performance index of the dynamic variables of the interconnected network in the thermodynamic limit. Finally, the results on stability, entanglement and control design problem are extended to the infinite chain of the linear quantum systems by letting the number of nodes go to infinity.

連絡先: 山本 (yamamoto@appi.keio.ac.jp)


12/9(水) セミナーのお知らせ”エラー耐性のある量子操作について”(市川翼 博士)

日時:2015年12月9日(水) 14時45分~16時15分
場所:14-DR9

市川 翼 博士研究員(学習院大学)
「エラー耐性のある量子操作について」

いかに厳しく較正を行おうとも、実験機器には誤差がつきものである。誤差によ
り、実験で実際に行った操作は、実験者が行いたかった操作からずれてしまうた
め、実験データの精度は低下してしまう。実際、NMRでは実験機器の誤差の影響
で信号の強度低下や波形の歪みが起こることが分かっている。

本講演では、実験機器の持つ誤差の影響を受けにくい実験操作の設計法を紹介す
る。この技術は複合パルス法と呼ばれており、NMRのパルス設計法として誕生し
た。まずNMRの原理と主要な2種類の誤差について概観した後、複合パルスの設
計法を与え、その効果を検証する。特に、2種類の誤差がどちらも存在した場合
でも誤差の影響を受けにくい操作の設計法を詳述する予定である。

連絡先: 早瀬 (hayase@appi.keio.ac.jp)


学科分け説明会

本日は学科分け説明会でした.学門1では伊藤教授と井上助教が,学門3では石榑准教授と塚田准教授が物理情報工学科を説明しました.

12–105教室では研究をわかりやすく説明した実物の展示を行いました.また,4つの研究室を見学するコースを用意しました.

上段左から,ゼロ・ゼロ複屈折を実現したポリマー(下の背景に同化してラベルしかみえないもの),プラスチック光ファイバの伸展前の材料,環状拡散体カテーテル,空中超音波ディスプレイ
中段左から,超撥水,超伝導ジェットコースター,ボールをシーソーの中心で安定させるマシン,ライントレーサー
下段左から,筋電位計測,プラズマボール,磁場で曲がる電子線,非線形光学効果の実験系

多数のご来場,ありがとうございました.少しでも学科選択の参考になれば幸いです.


櫻木俊輔君(佐藤研) SPring-8萌芽的研究アワード受賞

櫻木俊輔君(佐藤研博士2年)が、第8回のSPring-8萌芽的研究アワードを受賞しました。
萌芽的研究アワードとは、将来の放射光科学を担う若手研究者の育成を促進することを目的として設立された賞であり、大型放射光施設SPring-8にて大学院生が提案・実施した研究課題を対象に、「研究テーマの新規性、独創性、発展性」等を基準に選出されます。
萌芽的研究アワード・萌芽的研究支援ワークショップ — SPring-8 Web Site


セミナー@11月16日(月) 14:00-15:00 “Metamaterial-inspired terahertz components”

来週月曜に下記のセミナーを予定しておりますので、
ご興味がおありの方はお気軽にご参加頂ければ幸いです。

日時:11月16日(月)14:00-15:00,
場所:DR7 (14-217)
講師:Dr. Withawat Withayachumnankul (Lecturer, University of Adelaide, Australia)
タイトル:Metamaterial-inspired terahertz components
アブストラクト:
Terahertz radiation has become an important research area in the field of electromagnetics.
Known as the ‘terahertz gap’, the radiation in this 0.1 to 10 THz frequency range was initially
difficult to access with conventional electronic or photonic techniques. Advents of unconventional
techniques have made possible terahertz emitters and detectors with a size of a pinhead.
On the other hand, achieving practical applications requires novel components to manipulate terahertz waves. However, most natural materials exhibit weak electromagnetic responses at terahertz frequencies.
For this purpose, microstructures become necessary to construct exotic terahertz components.
This seminar discusses some activities on terahertz microstructure research at the University of Adelaide. It covers a diverse range of components, including reflectarrays, modulators, polarization converters, absorbers, frequency selective surfaces, and dielectric resonators. It will also provide some background into terahertz technology and metamaterials.

どうぞよろしくお願いいたします。

連絡先: 門内(monnai@appi.keio.ac.jp)


セミナー@11月18日 2限 “Entangling mechanical oscillators in cavity optomechanics: Measurement-based and coherent feedback approaches”

セミナーの案内になります。
ご興味のある方の参加をお待ちしております。

日時:11月18日、10:45 – 12:15 (2限)
場所:DR 6
講師:Dr. Matthew Woolley (Lecturer, Univ. New South Wales, Australia)
Title:Entangling mechanical oscillators in cavity optomechanics:
Measurement-based and coherent feedback approaches
Abstract attached.

連絡先: 山本 (yamamoto@appi.keio.ac.jp)


Dept. Applied Physics and Physico-Informatics