物理情報専修学位記授与

日吉記念館で挙行されました学位授与式の後,理工学研究科では専攻に分かれて式があり,さらに専修に分かれて学位記を授与されます.

物理情報専修主任の足立教授から一人ずつ学位記が渡された後,主任式辞,また今年度で定年退職されます相吉教授から祝辞をいただきました.

_MG_5778

_MG_5804a

その後,恒例の集合写真を撮影しました.

2016_MG_5824

_MG_5833


講演(講義)紹介: Simulations of physical phenomena described by partial differential equations, 3/26 (Sat.) & 3/30 (Wed.)

エコールセントラリヨン(ECL, フランス)のFrédéric Gillot准教授の講演(講義)を紹介します.

題目: Simulations of physical phenomena described by partial differential equations

第1回 3/26 (土) 9:00-10:30@14棟2F, ディスカッションルーム3
第2回 3/30 (水) 9:00-10:30@14棟2F, ディスカッションルーム3

物理情報に向いたテーマですので, ご関心の先生方, 学生の皆様は
奮ってご参加ください.

連絡先: 白鳥 (shiratori@appi.keio.ac.jp)


3/31(木) 光科学セミナー(2件)のお知らせ

2016年3月31日(木)に光科学セミナーを開催します.

場所: 14-DR8
【13時30分~】
荒井 慧悟 博士
(Massachusetts Institute of Technology, Harvard Univ., Keio Univ.)
「ダイヤモンド中のNVセンターを用いた磁場イメージング」
ダイヤモンド中の欠陥のひとつであるNVセンターは、磁場測定に利用可能で、室温で高い磁場感度を有する。近年、NVセンターを様々な磁性試料の磁場イメージングに用いる研究が盛んになってきた。本セミナーの前半では、NVセンターに関する基礎的な物理と、磁場イメージングの原理をわかりやすく解説する。後半では、「磁性細菌」という生物試料への具体的な応用例を示し、今後の磁場イメージングの展望を議論する。

【14時50分頃~】
遠藤 傑 君
(慶應義塾大学 理工学研究科,NTT物性科学基礎研究所)
「超伝導磁束量子のスピン増幅と光を用いた読み出し」
現在、超伝導磁束量子ビット(FQ)を集積することにOn-Chip な量子計算(QC) を行う素子をつくるといった方向の研究も多くの研究者によりなされている。QC を行うためには、量子ビットに対し量子非破壊測定(QND)を行えることが必要だが、共鳴なLC共振器やJosephson Bifurcaction Amplifierを用いたQNDは、信号の増幅のための素子が非常に大型になり、集積化に向いていないという欠点がある。そこで、我々はFQのOn-Chip化のための新たな読み出し手法として、スピン増幅と光による新たなFQの読み出し法を提案する。

いずれも先進的なセンシング技術の紹介となります.
奮ってご参加下さい.

問い合わせ先: 早瀬 (hayase@appi.keio.ac.jp)


学位記授与

日吉での卒業式の後,理工学部では学科に分かれて矢上キャンパスで学位記が授与されます.物理情報工学科学科主任的場教授から1名ずつ学位記を授与されました.その後,集合写真を撮影しました._MG_5549_MG_5531

IMG_7749

_MG_5565

※大きなサイズの写真は研究室の教員にお問い合わせ下さい.


卒業式

本日は卒業式です.日吉の記念館での式の後,矢上キャンパスで学科に分かれて学位記の授与が行われます.卒業生の皆様,ご家族の皆様,本日はまことにおめでとうございます.
_MG_5690


Dept. Applied Physics and Physico-Informatics