kamihara のすべての投稿

川﨑猛史 さん(2005年卒), 2018年 第13回 凝縮系科学賞 受賞

2005年に卒業した 川﨑猛史さん (藤谷研出身, 現 名古屋大学助教)が
第13回 凝縮系科学賞 (選考委員長 永長直人)の理論部門を受賞しました.

学科出身者からは3人目の受賞となります.
本賞は研究者群みずからが, 将来を担う若手を見いだし支援することを目的とした賞です.

おめでとうございます.


物理情報・応用化学特別講義(未来先導基金)@9/3(Mon.)-9/4(Tue.), KGRI共催

物理情報・応用化学特別講義(未来先導基金)@9/3(Mon.)-9/4(Tue.), KGRI共催

“自然から学ぶ バイオミメティクス”と題した
3回の特別講義を行います. 奮ってご参加ください.

講師: Prof. Po-Yu Chen 国立清華大学(台湾)

9/3(Fri.) 13:00- 14棟DR7
“Stronger, Tougher and Lighter Bio-inspired Composites”

9/4(Sat.) 10:30- 14棟DR7
“Underwater adhesion of aquatic animals: Hierarchical structures, attachment mechanisms and bio-inspirations”

9/4(Sat.) 13:00- 14棟DR7
“Synthesis of Multi-functional Surfaces and Coatings Inspired from Carnivorous Pitcher Plants”

連絡先: 白鳥(E-mail: shiratori@appi.keio.ac.jp)


未来先導基金公募プログラム「物理情報・応用化学特別講座」@7/19(木), KGRI共催

慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)との共催として
リゴベルト・アドヴィンキュラー博士(Case Western Reserve University教授)
をお招きし「超撥水表面の紹介」と題して講演いただきます。

日時:2018年7月19日(木)9:00~10:30 開場 8:45-
会場:慶應義塾大学 矢上キャンパス 厚生棟3階 大会議室(16-A F3)
主催:慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI) 創造クラスター
共催:未来先導基金
対象:どなたでもご参加いただけます
言語:英語
その他:参加費無料,事前登録不要,直接会場にお越しください。
詳細はこちら
連絡先: 白鳥 (shiratori[at]appi.keio.ac.jp)


未来先導基金公募プログラム「物理情報・応用化学特別講座」@7/9(月), 7/13(金), 7/27(金) (2018July10th, updated)

未来先導基金公募プログラム「物理情報・応用化学特別講座」
の助成により, Walid Malaeb 博士(Beirut Arab Univ., Lebanon)をお招きし7月中に3件のイベントを開催します.
(2018年7月10日更新)

14th Material Science & Strategy Seminar
“Possible New Functional Low-dimensional Materials
for Thermoelectric Generators”
日時: 7月9日(月) 13:00-14:00
場所: 14-216 (DR6)

Possible New Functional Low-dimensional Materials for Thermoelectric Generators
Session chair: Mr. Suguru IWASAKI

13:00-13:25 (20 min. talk & 5 min. discussion)
“Transport Properties of Layered Trigonal Compound, EuSn2As2”
Mr. Ryosuke SAKAGAMI
13:25-13:50 (20 min. talk & 5 min. discussion)
“Fabrication and Thermoelectric Properties of Porous Layered Cobalt-based Oxide Ceramics via a Topotactic Reaction”
Ms. Rina SHIMONISHI
13:50-13:53 Summary & Commentary
Dr. Walid Malaeb (Beirut Arab University)
13:53-14:00 OPEN discussion

Special Seminar in APPLIED QUANTUM PHYSICS
“Overview of Advanced Photoemission Spectroscopy Studies on Novel Superconductors”
Dr. Walid Malaeb (Beirut Arab Univ., Lebanon)
日時: 7月13日(金) 10:45-12:15
場所: 12-110
Organizer: Prof. Masanori MATOBA, Keio University
詳細はこちら

15th Material Science & Strategy Seminar
“New Morphology of Inorganic Solids obtained via Synthesis using Ionic Liquids and Evaporation Processes”
日時: 7月27日(金) 9:00-10:00
場所: 14-216 (DR6)
Session chair: Mr. Ryosuke SAKAGAMI
9:00-9:25 (20 min. talk & 5 min. discussion)
“Synthesis of Strontium Vanadate using Ionic Liquid and Biopolymer”
Mr. Suguru IWASAKI
9:25-9:50 (20 min. talk & 5 min. discussion)
“Fabrication of Methanethiol Gas Sensor with Manganese Oxide Nanosheets on Quartz Crystal Microbalance”
Mr. Yuki TOKURA
9:50-9:53 Summary & Commentary
Dr. Walid Malaeb (Beirut Arab University)
9:53-10:00 OPEN discussion


特別講義のお知らせ(4/4(水)): 量子センシング・ナノNMR (筑波大学・名誉教授 磯谷順一)

日時: 4/4(水) 10:00-11:30
場所: DS43
講師: 磯谷順一 (筑波大学・名誉教授)
題目:量子センシング・ナノNMR

ダイヤモンドのNV(窒素―空孔)センターは, 単一分子に相当する単一欠陥を, 光でアクセスでき,
室温動作の量子センサに用い, 磁場・電場・温度などをナノ空間分解能で高感度に検出できる.
特に, ナノNMRとして, 水素, フッ素, 燐などの核種をナノ空間分解能で識別・検出できることが示されている.
ところが, NMRは結合状態を識別する高分解能を持つがゆえに,
化学・物理・生物学・医学の分野で不可欠の構造決定法の位置を占めている.
本セミナーでは, NMRに求められる高い周波数分解能をナノNMRで実現することをめざす研究を紹介する.
センサ電子スピンの数ミリ秒に代わって260秒の長い保持時間をもつ核スピンをメモリに用いて,
1 ppmの分解能(128 Hz@3T)を達成し, 通常のNMRの10桁以上少ない極微量の試料に対してケミカルシフトの観測に成功している.
この方式では単純なFIDのみでなく, 2次元NMRやMREV8など様々なパルス系列に拡張可能であり, NMRの様々な技術を駆使する発展性をもつ.
最近は, 1分子を認識するナノNMRをめざして, 13 Hzの分解能を達成している.

連絡先: 早瀬(hayase@appi.keio.ac.jp)


特別講義のお知らせ(10/14より全6回): Heat Transfer and Fluid Dynamics (Prof. Frédéric Gillot)

講義名: Heat Transfer and Fluid Dynamics (対象:学部生, 大学院生)
講師: Prof. Frédéric Gillot, Ecole Centrale de Lyon, France, 慶應義塾 海外特別招聘准教授
Abstract: Main purpose for this group of lectures is to provide students with strong knowledge on heat transfer phenomenon for their research. First lecture will
mainly deal with the general heat transfer problem. Second lecture will focus on conduction problems. Next two lectures will deal with convection problem. We will need fluid mechanics for that, which will be introduced and extend to fluid dynamics in the 6th lectures. The fifth lecture will present heat transfer through thermal radiation.

連絡先: 白鳥
E-mail: shiratori@appi.keio.ac.jp

Six lectures topics (水曜日、土曜日の2限 10:45-12:15AM on Wed. & Sat.)
1st – Oct. 14th:(14-DR2) Heat transfer general problem
2nd – Oct. 18th:(14-DR2) Conduction
3rd – Oct. 21st:(14-3,64) Fluid mechanics and convection part 1
4th – Oct. 25Th:(14-DR2) Convection part 2
5th – Oct. 28Th:(14-DR3) Thermal radiation heat transfer
6th – Nov. 1st:(14-DR2) Computational fluid dynamics

奮ってご参加ください.


足立研セミナー@8/7(月) 15:30-17:00: 「NASA太陽系探査の最前線と,人工知能が果たす役割」

講演者: 小野 雅裕 博士(NASA JPL)
講演日時: 2017年8月7日(月) 15:30~17:00
講演場所: 創想館2階セミナールーム3(14-203)
講演概要:
トークの前半では,JPL が中心になって行われている NASA の太陽系探査の過去・現在・未来についてお話しします。後半では,僕が行っている人工知能の宇宙探査機への応用についてお話しします。火星ローバーの自律化,Resilient Spacecraft Executive,ディープ・ラーニングを用いた火星の地形分類,Enceladus Vent Explorer などがトピックに含まれます。
著者略歴:現在 NASA Jet Propulsion Laboratory (JPL) にて Research Technologist として勤務。Mars 2020 Roverの自動運転アルゴリズムの開発の他,宇宙探査機の自律化についての研究を行う。2005年東京大学航空宇宙工学科卒。2007年マサチューセッツ工科大学航空宇宙工学科修士。2012年同博士および技術政策プログラム修士。2012年慶應義塾大学物理情報工学科助教。2013年より現職。2016年よりミーちゃんのパパ。大阪生まれ,東京育ち,阪神ファン。

足立研セミナー: 「NASA太陽系探査の最前線と,人工知能が果たす役割」
より転載

連絡先: 足立 E-mail: adachi@appi.keio.ac.jp


物質探索・設計セミナー@7/6(木) 3限

相吉先生による
一連の特別講義の4回目(最終回)を周知いたします.

題目: 「システム最適化」としての今流行(はやり)の”AI” 第4回
畳込みニューラルネットワークの本質と今流行りの「人工知能」に対する疑問と期待

講師: 相吉英太郎
(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所客員教授, 本学名誉教授)

場所: 慶應義塾大学 矢上キャンパス 12棟106号室
時間: 13:00-14:30 (隔週木曜日 3限)

内容
i. 畳込みニューラルネットワーク(CNN)の原理と理解
ii. サポートベクターマシン(SVM)の原理とニューラルネットワーク(NN)との関係
iii. 今流行りの「人工知能(AI)」に対する評価と指針

対象: 大学生, 大学院生, 他学科の方や, 途中参加の方も歓迎致します.
連絡先: 神原陽一
*特にiiiの内容では, 現在の流行りに対して明解な評価を行なっていただく予定です.


物質探索・設計セミナー@6/15(木) 3限 休講のお知らせ

6/15(木)休講のお知らせ

「システム最適化」としての今流行(はやり)の”AI”(隔週講義)
の題目にて行われている相吉英太郎 名誉教授/情報・システム研究機構 統計数理研究所 客員教授による特別講義ですが

第3回 (6月15日) 話題の”Deep learning”, “Auto Encorder”, “畳込みニューラルネットワーク”の原理
は休講となりました.

第3回 話題の”Deep learning”, “Auto Encorder”, “畳込みニューラルネットワーク”の原理
第4回 学習したビッグデータの取り扱い方-ビッグデータシステム最適化-
は 6/29(水) 3限, 7/6(水) 3限(補講日)にて行われる予定です.

今後の詳細は学科HP, 又は学科掲示板にて周知いたします. (神原)


2017年度 理工学部 教授・准教授就任講演「光を操る高分子」(二瓶栄輔 准教授)

2017年度 理工学部 教授・准教授就任講演「光を操る高分子」(二瓶栄輔)

二瓶栄輔 准教授による
「光を操る高分子」
と題した講演が行われます.

期日: 6月16日(金)
時間: 15:30-15:50
場所: 矢上キャンパス 創想館 地下2階 マルチメディアルーム

奮ってご参加ください.