物理情報工学科にようこそ

新しい基礎工学・基礎技術の創成とその展開を目指して
-情報・エネルギー・医療技術のための応用物理学-

物理情報工学科は、イノベーションにつながる応用物理を学ぶ学科です。物理と数学を基盤とし、そこに先端工学の特徴である自動化・情報化・システム化を取り入れることによって、新しい情報技術・医療技術・環境エネルギー技術の創出を目指します。物理情報工学科の使命は、

  • 世界的に高く評価される研究
  • 国際社会のリーダーとなる学生の育成

の2つです。


※お使いのブラウザによってはビデオを再生できないことがあります.YouTubeにも紹介ビデオがあります.

教育理念

応用物理とエレクトロニクスを2本の柱とし、それらを横につなぐシステム科学の基礎を学びます。
それらを発展させた研究を通して、社会へ貢献できる技術者を養成していきます。

研究分野

情報物理分野では、量子コンピュータ、高速ポリマー光ファイバ、スピントロニクス、半導体、環境エネルギー物理分野では、核融合プラズマ、熱電エネルギー変換材料、半導体センサ、医療技術分野では、光医療、医用画像処理、生体計測、計測・制御・システム技術分野では、システム最適化理論、制御工学、計測工学・信号処理などです。


Dept. Applied Physics and Physico-Informatics