「新聞報道」カテゴリーアーカイブ

Photo-Thermo Dynamic Balloonによる血管形成術

日本経済新聞の2004年8月28日朝刊15面に荒井恒憲教授の推進するPhoto-Thermo Dynamic Balloonによる血管形成術が紹介されました。この加熱型バルーンは血管に熱を与えるのは全て有害であるという従来の考えを覆し、短時間に限られた温度を血管壁に与え、低圧で十分な拡張機能を発揮するとともに、再狭窄をも抑制する全く新しいバルーン血管形成術です。現在、科学技術振興機構の援助を得て、6年計画で実用化を目指して開発中です。


高輝度光散乱導光体

日本経済新聞2003年3月28日(金)。小池康博教授が開発している高輝度光散乱導光体を用いた新技術を利用することにより、液晶ディスプレイ全体の消費電力を半減できる旨掲載された。


高輝度光散乱導光体

日本経済新聞2003年3月28日(金)、小池康博教授が開発している高輝度光散乱導光体を用いた新技術を利用することにより、液晶ディスプレイ全体の消費電力を半減できる旨掲載されました。


GI型プラスチックファイバー

朝日新聞2003年2月15日(土)。小池康博教授が開発したGI型プラスチックファイバーを実際のマンションに引き込み、慶應義塾大学と高速回線で結び、ビデオオンデマンド等の実証実験を、経済産業省の予算のもと、日本テレワーク協会、慶應義塾大学、企業グループ等により実施されたことが掲載された。