「スケジュール」カテゴリーアーカイブ

光科学セミナー(12/11(水))のご案内

光科学セミナー 開催のお知らせ

日時 2013年12月11日(水)
14時45分~16時15分
場所 14棟DR9

集積光回路を用いた光量子情報デバイスの構築

松田 信幸 博士
(NTT 物性科学基礎研究所)

主に石英やシリコン基板上に集積された光導波回路は、
光子を用いた大規模な量子情報処理を行うための新た
なプラットフォームとして注目されている。我々は、
特にシリコンをコア材料とする光導波路を用い、集
積光量子回路を構築するための要素デバイスの開発を
行っている。本セミナーでは、最近の研究成果である
「ワンチップ集積型の偏光もつれ光子対発生器」と「
単一光子バッファ回路」に焦点を絞り、我々の研究を
紹介する。

奮ってご参加下さい.
連絡先: 早瀬 (E-mail: hayase@appi.keio.ac.jp)


光科学セミナー(9/10 (火))のご案内

日時:9月10日(火)13時半~15時
場所:14棟 DR2
講演者:久保 敦 博士(筑波大学 数理物質系物理学域 講師)
講演タイトル:
「金属ナノ構造における伝搬型/局在型表面プラズモンのダイナミクス」

アブストラクト:
表面プラズモンの技術応用,「プラズモニクス」が近年注目されています。その
背景には,小型・超高速の次世代デバイスや,電磁場増強効果を利用した高効率
光電変換の実現などへの期待があります。表面プラズモンは,金属-誘電体界面
や金属ナノ構造など,試料の形状や周囲環境に応じて決まる「固有モード」の励
起現象と捉える事ができます。講演では,表面プラズモンに関する基礎,および
時間分解顕微鏡法による表面プラズモンダイナミクスの可視化についてお話します。

連絡先: 早瀬 (E-mail: hayase@appi.keio.ac.jp)


セミナー@7/19(金)のお知らせ(山本研究室)

今週金曜, ニューサウスウェールズ大学の柳澤博士にご講演頂きます.
興味ある方の参加をお待ちしております. (山本)
—————————————————————-

日時:7月19日、15:00

場所:14棟、Discussion Room 3 (DR3)

Speaker: Dr. Masahiro Yanagisawa (Univ. NewSouth Wales, Australia)

Title:
Kalman Filter Based Estimation of Decay Time for a Multimode Optical Cavity

Abstract:
We develop an extended Kalman filter to estimate the ring-down time of
a multimode Fabry-Perot optical cavity with a pulse train input. First the
extended Kalman filter is applied to data generated from a simulator to
show that the estimate of the filter converges to the expected value of
the ring-down time. It is also shown that the multimode filter improves
the estimation performance, compared to a simplified filter designed
from a single-mode model. Then the filter is applied to a set of
experimentally obtained output intensity data.


矢上賞表彰式典 (計測工学科 鬼島靖典氏, 谷村吉隆氏)

6月8日(土)に慶應義塾大学理工学部・大学院理工学研究科 同窓会研究教育奨励基金による
「矢上賞」表彰式典ならびに講演会が開催されました.
理工学部では「同窓会研究教育奨励基金」を設け, 理工学を原点として社会的に顕著な活躍や, 多大な社会的貢献を果たされている卒業生を奨励するため毎年表彰を行っています.
13回目となる2013年度は『矢上賞 受賞記念講演会』と題し, 6月8日(土)に表彰式典ならびに講演会を開催しました.
現役学生へのメッセージを交えた5名の受賞者による講演を多くの学生・塾員が拝聴致しました.

物理情報工学科の母体となった計測工学科から
1984年卒 谷村吉隆氏
1989年卒 鬼島靖典氏
が選ばれました.

おめでとうございます!

_MG_3607


セミナー紹介 “Experimental Progress towards the Hybrid Quantum Dot Silicon Qubit” (6/5 (水))

ウィスコンシン大学マディソン校物理学科
Mark A. Eriksson 教授の講演が予定されています.
興味のある方は, 聴講をお勧めします.

Time: 2:45 pm, Wednesday, June 5, 2013,
Place: Discussion Room 3, building 14 (Sosokan)
Speaker: Professor Mark A. Eriksson
Physics Dept. University of Wisconsin-Madison
Tittle: Experimental Progress towards the Hybrid
Quantum Dot Silicon Qubit


慶應義塾-ミュンヘン工科大学 ナノスピントロニクス合同セミナー@5/27(月)

慶應義塾-ミュンヘン工科大学 ナノスピントロニクス合同セミナーを5/27(月)に行います.
場所: 厚生棟 3F 大会議室
当学科からは, 伊藤公平 教授, 牧英之 准教授, 安藤和也 専任講師が登壇いたします.
奮ってご参加下さい.
————————————————————–

Keio-TU Munchen Joint Seminar on Nanospintronics
Date: Monday May 27, 2013
Place: Keio Yagami Campus, Koseito Daikaigishitsu (厚生棟大会議室)
Schedule:

12:25 Opening
12:30-13:15 Martin Brandt (TU Munich)
“Thermoelectrics in SiGe thin films made from nanoparticles”
13:15-13-30 Coffee break
13:30-14:00 David Franke (TU Munich)
“EDMR on SL1 centers in silicon and hyperfine interactions with 29Si nuclear spins”
14:00-14:30 Kohei M. Itoh (Keio)
“Magnetometry with NV centers in isotopically controlled diamond”
14:30-14:45 Coffee break
14:45-15:15 Takasumi Tanabe (Keio)
“Optical nonlinearities at a very low power in an ultrahigh-Q microcavity system”
15:15-15:45 Mikio Eto (Keio)
“Optical phonon lasing in semiconductor double quantum dot”
15:45-16:15 Shinichi Watanabe (Keio)
“Terahertz nonlinear optics as a novel tool for understanding instantaneous
light-matter interaction”
16:15-16:30 Coffee break
16:30-17:00 Hideyuki Maki (Keio)
“Light emitters based on carbon nanotubes and graphene”
17:00-17:30 Kazuya Ando (Keio)
“Spin current coupled with magnetization dynamics”

17:45- Reception at 7th floor of Sosokan (bldg. 14)