kamihara のすべての投稿

授業の紹介 物理情報工学特別講義

当学科の関連する広い理工学の専門家をお招きし、御自分の考えや、最先端のトピックスを講演していただく授業です。理工学部の3年生・4年生を対象としています。

平成24年度の4月期は、以下の方々(敬称略)に出講していただきました。

講師氏名(御所属): 椎木一夫 (慶應義塾大学)
題目: 大学で学んだことは、世の中に出てから役に立つのか

講師氏名(御所属): 船橋信之 (社団法人 火力原子力発電技術協会)
題目: 発電現場から見た火力発電の役割と実体、そして今後。

講師氏名(御所属): 黒石卓司 (株式会社 MHIコントロールシステムズ)
題目: 3.11から拓く確かな未来を!

素晴らしい御講義をありがとうございます。


物理情報工学科 2年生向け懇親会のお知らせ

毎年恒例 2年生向け懇親会 に物理情報工学科に在籍する2年生を招待いたします。

日吉に在籍する皆さんとは、直接ふれあう機会の少ない矢上の教員も多数参加いたします。他愛もないお話、 進学・就職に関する悩み、研究に関する疑問、学業に関する苦労、若いから許される大言壮語(今から5-10年後に有言実行する卒業生は少なからずいるので、大言壮語ではない?)、スタッフ一同、お話できることを楽しみしております。

場所: 創想館(14棟)7階 フォーラム

日時:  4 /27 (金) 16:30 より開場


光科学セミナーのお知らせ: メタマテリアルを用いたテラヘルツデバイスの開発へ向けて

信州大学 理学部 物理科学科 准教授
宮丸文章 博士による講演を開催します。

メタマテリアルは色々な分野で注目されている物質です。
ご興味をもたれた学生がいらっしゃいましたら、ご参加をお待ちしております。20120420_第1回光科学セミナー_信州大宮丸先生


平成24年度 2年生ガイダンス

物理情報工学科に配属される平成24年度 2年生対象の ガイダンスを日吉キャンパスにて行いました。 石榑崇明 准教授、足立修一 学科主任による歓迎の挨拶、 学科スタッフの自己紹介、必修科目と選択科目の履修に関する注意、 そして、本学科の特徴であるクォーター制と海外インターンシップに関する説明を行いました。 何はともあれ まずは3年間、ともに学ぶことを楽しみましょう。


学位授与式(物理情報システム分野)と優秀修士論文賞授賞式

理工学研究科と基礎理工学専攻の式典後
物理情報システム分野(専修)の学位授与式にて学位記の授与を行いました。

また、特に優れた修士論文を執筆した優秀者4名への表彰を行いました。

足立修一教授、太田英二教授が祝辞にて述べたとおり、
慶應義塾を巣立つ皆様の今後の活躍を心より期待しております。

物理情報システム分野優秀修士論文賞
受賞者を以下に示します。

式守崇さん (足立研究室)
髙橋芽意さん (荒井研究室)
多治見剛さん (山本研究室)
田中貴久さん (伊藤研究室)

おめでとうございます!


学士学位授与式(3/23(金))

3月23日(金)の卒業式式典後、矢上キャンパスで学士学位授与式を行いました。 伊藤公平 学科主任による祝辞と椎木一夫教授による式辞 、及び学問に優れた優秀者への各賞の表彰を行いました。 今年度は藤原賞の授賞式(*)も併せて行いました。
(*スポーツ・芸術・その他課外活動において、優れた実績を残した学生に贈られる競争的な表彰)

各賞の受賞者(敬称略)を以下に示します。

◎慶應工学会賞
加藤譲 (山本研究室)

◎主任賞
池田祐介 (山本研究室)
尾沼篤 (早瀬研究室)

◎プレゼン賞
大橋康平 (伊藤研究室)
尾沼篤 (早瀬研究室)
佐藤美紀 (内山研究室)
佐藤竜樹 (佐藤研究室)
高橋裕 (二瓶研究室)
藤乘優治朗 (神原研究室)
芳川昇之 (塚田研究室)

◎藤原賞
尾沼篤 (早瀬研究室, 三冠!)

おめでとうございます!


“物理情報システム専修” 平成23年度 修士論文発表会(秋学期 2/7 (火), 2/8(水))

修士2年生による修士論文発表会を行いました.

修士課程の2年間を通し, 主要な学術雑誌の原著論文を執筆したり, 民間企業から注目されるような優れた研究者・技術者を専修として輩出していると確信できる2日間でした.

専修賞(物理情報システム分野 優秀修士論文賞)を選考し学位授与式の際に, 表彰を行う予定です.

 

 


平成23年度 卒業研究発表会(2/3(金), 2/4(土))を行いました.

4年生諸君の研究成果を審査する卒業研究発表会を無事, 終了しました.

お疲れさまでした. >> 発表者の皆様

二日にわたる発表の内には, 一年間の限られた期間にも関わらず, 優れた報告が多数散見されました.

僅差の判定となりましたが全発表者の内, 2名を主任賞(= 優秀研究賞)に選出しました.

授賞式は卒業式の式典後, 学位授与時に行う予定です.

 


二次元的な強磁性ゆらぎを有する重い電子系, CeFePOにおけるメタ磁性転移の発見

京都大学 石田憲二 教授, 池田浩章 助教, 東京工業大学 細野秀雄 教授, および科学技術振興機構との共同研究の成果がアメリカ物理学会が発行する学術雑誌, フィジカル・レビュー・レターに掲載されました. CeFePOは鉄系高温超伝導体(http://www.jst.go.jp/pr/announce/20080218/index.html)と類似の構造を有する結晶ですが, こちらは超伝導を示さず, 通常の導体(銅・銀などの金属)に比べて約100倍の有効質量を有する重い電子系とよばれる性質を示します. 重い電子系は磁性イオンを含むにも関わらず, 磁石の性質(強磁性)を示さない特徴を持つのですが, CeFePOは低温, 高磁場下では磁石となるメタ磁性と呼ばれる性質を示すことを明らかにしました.

筆頭著者である北川俊作氏 (京都大学)の個人ページにより詳細な説明がなされています。http://www.ss.scphys.kyoto-u.ac.jp/person/skitagawa/research/2011/topic201112-01.html

Title:Metamagnetic behavior and Kondo breakdown in heavy-fermion CeFePO
S.Kitagawa, H. Ikeda, Y.Nakai, T. Hattori, K. Ishida, Y. Kamihara, M. Hirano, H. Hosono
Phys. Rev. Lett. vol.107, 277002 (2011).
URL: http://link.aps.org/doi/10.1103/PhysRevLett.107.277002
DOI: 10.1103/PhysRevLett.107.277002