2007年度 齊藤研究室

■構成

教員

齊藤英治

博士過程2年

針井一哉

修士課程1年

安藤和也、 捧耕平

学部4年生

内田健一、 岡本尚也、 梶原瑛祐、 菊池大介

■進路

大学院(慶應義塾)進学

■発表論文・学会発表・特許など

発表論文

  1. H.Y. Inoue, K. Harii, and E. Saitoh, “Field-angle dependence of magnetic resonance in FeNi/Pt films” Journal of Magnetism and Magnetic Materials 310 (2007) 699-701.
  2. K. Harii, K.Ando,K.Sasage,and E. Saitoh, “Detection of inverse spin-Hall effect in Palladium” Journal of Applied Physics 4(2007) 4437-4440.
  3. H.Y. Inoue, K. Harii, K.Ando,K.Sasage ,and E. Saitoh,, “Detection of pure inverse spin-Hall effect induced by spin pumping At various excitation”, Journal of Applied Physics 102(2007) 083915_1-083915_4.
  4. K.Ando, K.Sasage, K. Harii, E. Saitoh “Spin pumping and magnetization relaxation in structured NiFe film”, Physica Status Solidi B 244 (2007) 4522-4525.
  5. K. Harii, K.Ando, H.Y. Inoue, K.Sasage,and E. Saitoh “Inverse spin-Hall effect and spin pumping in metallic films”, Journal of Applied Physics 103(2008) 07F311_1-07F311_4.
  6. 山岡武博、齊藤英治、町田賢司、田中雅章、渡邊和俊、白川部喜春、宮島英紀, “MFM探針による磁壁操作” 日本応用磁気学会雑誌 31 (2007) 221-226. vol 3.

解説

  1. 齊藤英治,「スピン流による磁化ダイナミクスの制御」応用物理学会スクール「スピントロニクスの基礎」テキスト(2007) 33-42.
  2. 安藤和也、齊藤英治,「スピンポンピングによる逆スピンホール効果の観測」固体物理 42 (2007) 19-28.

特許

  1. 国内特許:特願2007-283363「磁気抵抗型ランダムアクセスメモリ」(安藤和也、針井一哉、捧耕平、齊藤英治).
  2. 国内特許:特願2007-302470「スピン流熱変換素子」(内田健一、針井一哉、梶原瑛祐、齊藤英治).

学会・国際会議発表
招待講演

  1. 2007年9月4日斉藤英治 「(招待講演)電流誘起磁化反転の新展開」応用物理学会年会(北海道工業大学).
  2. 2007年11月7日斉藤英治 “(招待講演)Inverse spin-Hall effect and spin pumping” Magnetism and Magnetic Materials Conference 2007 (Tampa, Florida).
  3. 2008年2月18日斉藤英治“(招待講演)Magnetization dynamics coupled with spin currents in a metallic film” ATI International Workshop on Spin Current (仙台).
  4. 2008年3月27日斉藤英治「(招待講演)スピンホール効果とその逆効果」第55回応用物理学関係連合講演会 (千葉).

学会・国際会議通常講演

  1. 2007年5月31日 K. Ando, K. Ssasage, K. Harii, and E. Saitoh, “Spin pumping and magnetization relaxation in structured NiFe film”, International Symposium on Advanced Magnetic Materials and Applications (at Jeju, Koria).
  2. 2007年6月1日 K. Harii, K. Ando, K. Sasage, and E. Saitoh “Detection of inverse spin-Hall effect in Palladium”, International Symposium on Advanced Magnetic Materials and Applications (at Jeju, Koria).
  3. 2008年3月23日 内田健一,針井一哉,安藤和也,梶原瑛祐,齊藤英治、「強磁性NiFeにおける熱スピン流効果の観測」、日本物理学会第63回年次大会(近畿大学).
  4. 2007年9月14日 捧 耕平,岡本尚也,安藤和也,針井一哉,齊藤英治、「強磁性-強磁性接合における磁気ダイナミクス-電圧変換」、日本応用磁気学会.
  5. 2007年9月22日安藤和也、捧耕平、針井一哉、梶原瑛祐、齊藤英治、「NiFe/Pt接合におけるスピン流-磁気ダイナミクス相互作用」、日本物理学会2007年秋季大会(北海道大学).
  6. 2008年3月23日捧 耕平,梶原瑛祐,安藤和也,岡本尚也,齊藤英治、「強磁性複合構造におけるスピンポンピングと起電力」、日本物理学会.
  7. 2008年3月23日安藤和也、高橋三郎、梶原瑛祐、前川禎通、齊藤英治、「強磁性NiFe/非磁性金属接合におけるスピン流-磁気ダイナミクス相互作用」 、日本物理学会2008年春季大会(近畿大学).

研究会発表

  1. 2007年8月2日斉藤英治”金属系におけるスピンホール効果と逆スピンホール効果”CREST公開研究会「理論から探る磁性科学の展望」(東京).
  2. 2007年10月5日斉藤英治”NiFeにおけるスピンホール効果と逆スピンホール効果” 東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会「スピンエレクトロニクスの新展開」(仙台).
  3. 2008年2月28日斉藤英治”NiFe/Ptにおける電荷・スピン複合ダイナミクス” 科学研究費特定領域「スピン流の創出と制御」成果報告会(東京).

■受賞

  1. 内田健一 慶應義塾義塾賞
  2. 内田健一 卒業論文主任賞

■学外研究資金

  1. 文部科学省科学研究費補助金(若手研究A研究代表)”ナノ変調構造磁性体における超スピン伝導とスピン量子物性”.
  2. 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度SCOPE-R (研究代表)”スピン流を用いた超低電力量子情報伝送技術の研究開発”.
  3. 財団法人新世代研究所研究助成(研究代表) “ナノ磁性体におけるスピン流-電流相互変換効果” .
  4. 文部科学省科学研究費補助金(特定領域・計画研究 研究代表) “ナノ磁性体におけるスピン流-電磁場変換”.
  5. 科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業:さきがけ(PRESTO) 「革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス」(研究代表) “誘電体スピントロニクス材料開拓とスピン光機能”.

Dept. Applied Physics and Physico-Informatics