2000年度 二瓶研究室

構成

専任講師:
二瓶栄輔
学部4年:
河合 潔,邵城栄致, 永瀬智史, 常川優志

研究成果

「電場印加による全ポリマー素子からの発光」

有機ポリマーによる発光素子の作製装置の作製を行い、実際に素子を作製できる状態とした。

「コンポジット型GRINレンズの研究」

有機-無機のコンポジット材料をもちいたGRIN光学レンズの作製可能性を検討した 結果、実際に作製できることを明らかにした。

「フレキシブルGRINロッドレンズの作製と画像解析によるGRINレンズのゆがみ補正」

室温で柔軟なポリマー材料を用いて、GRINロッドレンズの作製の可能性を検討した結果、実際にフレキシブルな GRINロッドの作製に成功した。またフレキシブルであるがゆえに、画像の歪みが観測されるが、これをソフトウェア-的に改善するプログラムの開発にも成功した。

「ひとつのGRINレンズによる凹凸レンズの可能性」

GRINレンズは、屈折率分布を形成させるために、2種類以上の材料から構成されることが多い。そこで、本研究で はGRINレンズの構成材料に、適切な材料分散を持たせることにより、1つのレンズで凹凸特性を持たせることが可 能であるかについて検討した。その結果、構成材料にある適切な材料分散を持たせることにより、1つのレンズで凹凸の特性が実現可能であることを明らかにした。

卒業論文

  • 河合 潔 「電場印加による全ポリマー素子からの発光」
  • 邵城栄致 「コンポジット型GRINレンズの研究」
  • 永瀬智史 「フレキシブルGRINロッドレンズの作製と画像解析によるGRINレンズのゆがみ補正」
  • 常川優志 「ひとつのGRINレンズによる凹凸レンズの可能性」

進路

図研, 慶應義塾大学理工学研究科


Dept. Applied Physics and Physico-Informatics