kamihara のすべての投稿

北澤清香君 (早瀬研)、物理学会学生ポスター優秀賞受賞!

早瀬研 修士1年 北澤清香さんが第1回日本物理学会 領域5学生ポスター優秀賞(国際光年記念ポスター賞)を受賞いたしました.

早瀬研 修士1年 北澤清香さんが,平成27年9 月開催の日本物理学会秋季大会にて「不均一V型3準位系における量子ビートの理論解析」と題するポスター発表を行ない,第1回日本物理学会 領域5学生ポスター優秀賞(国際光年記念ポスター賞)を受賞いたしました.37件の応募のうち,特に優秀なポスター発表を行なった学生6名が受賞いたしました.

詳細はこちら


【セミナー(8/21(Fri.))のお知らせ】 THz dielectric waveguides and their applications

8月21日(金)に豪シドニー大学のShaghik Atakaramians 博士にお越し頂き,
“THz dielectric waveguides and their applications”
と題してご講演頂きます.
誘電体テラヘルツファイバーなどに関する講演です.
興味のある方の参加をお待ちしております.

日時:8/21(Fri.) 14:00-
場所:DR3 (14-213)
連絡先: 門内 (monnai@appi.keio.ac.jp)


第18回塾長杯水上運動会(ボート大会) 一般男女混合部門優勝!

2015年7月5日(日) 戸田オリンピックボートコースにて慶應義塾の年中行事の一つとなった第18回塾長杯水上運動会(ボート大会)が開催され, 物理情報工学科2014年度卒業生と現4年生がチームを結成して3部門(一般男子, 一般女子, 一般男女混合)のレースに参加しました.
その結果, 一般男女混合の部で見事優勝! さらに, 男子1チーム, 男女混合2チームが決勝進出という輝かしい成績をおさめました.
物情で培われた結束力と体力と友情がいかんなく発揮されたボート大会でした.150705


足立研セミナーのお知らせ 4/2(木) 16:30-, 14-203

4月2日(木)5限に創想館2階セミナールーム3(14-203)で
足立研セミナーを開催します。

講師は,電子工学科の湯川専任講師です。
非線形適応学習の新しいアプローチとして注目されている
再生核適応フィルタについて講演していただきます。

ご興味のある方,あるいは研究室の学生さんで興味があれば,
ご参加ください。

4月にはこれ以外にも2件の足立研セミナーを予定しています。
お気軽にご参加ください。

連絡先: 足立(adachi@appi.keio.ac.jp)


ダブルディグリー提携大学 特別講演会@11/10(月)

提携大学特別講演会

日時:11月10日(月) 午前10時-11時
場所:理工学部創想館2階DR2
講師:Prof.Luca Magagnin (ミラノ工科大学)
対象:理工学部、理工学研究科学生、教員

興味のある方は, ふるってご参加ください.
問い合わせ: 白鳥世明 (shiratori@appi.keio.ac.jp)
——————————————————
Title “Metallization for flexible and stretchable devices”

Abstract: Electronic systems on flexible and stretchable substrates have received increasing attention in the last couple of decades because they enable classes of applications that lie outside of those easily addressed with wafer-based electronics. Different approaches can be followed to achieve the fabrication of the circuits directly on the flexible substrates. In this work, some of the activities performed by our research group in this field will be presented and discussed. Electroless plating and electrodeposition on flexible and stretchable substrates, fluorinated or not, will be described, underlining the different activation processes for the substrates and their influence in promoting the adhesion of the metallic layer. Together with the metallization process, a design of the metallic pattern to achieve stretchability and an in situ mechanical characterization will be shown. The combination of this metallization processes with inkjet technology and 3D printing additive manufacturing will be introduced.