kamihara のすべての投稿

第18回塾長杯水上運動会(ボート大会) 一般男女混合部門優勝!

2015年7月5日(日) 戸田オリンピックボートコースにて慶應義塾の年中行事の一つとなった第18回塾長杯水上運動会(ボート大会)が開催され, 物理情報工学科2014年度卒業生と現4年生がチームを結成して3部門(一般男子, 一般女子, 一般男女混合)のレースに参加しました.
その結果, 一般男女混合の部で見事優勝! さらに, 男子1チーム, 男女混合2チームが決勝進出という輝かしい成績をおさめました.
物情で培われた結束力と体力と友情がいかんなく発揮されたボート大会でした.150705


足立研セミナーのお知らせ 4/2(木) 16:30-, 14-203

4月2日(木)5限に創想館2階セミナールーム3(14-203)で
足立研セミナーを開催します。

講師は,電子工学科の湯川専任講師です。
非線形適応学習の新しいアプローチとして注目されている
再生核適応フィルタについて講演していただきます。

ご興味のある方,あるいは研究室の学生さんで興味があれば,
ご参加ください。

4月にはこれ以外にも2件の足立研セミナーを予定しています。
お気軽にご参加ください。

連絡先: 足立(adachi@appi.keio.ac.jp)


ダブルディグリー提携大学 特別講演会@11/10(月)

提携大学特別講演会

日時:11月10日(月) 午前10時-11時
場所:理工学部創想館2階DR2
講師:Prof.Luca Magagnin (ミラノ工科大学)
対象:理工学部、理工学研究科学生、教員

興味のある方は, ふるってご参加ください.
問い合わせ: 白鳥世明 (shiratori@appi.keio.ac.jp)
——————————————————
Title “Metallization for flexible and stretchable devices”

Abstract: Electronic systems on flexible and stretchable substrates have received increasing attention in the last couple of decades because they enable classes of applications that lie outside of those easily addressed with wafer-based electronics. Different approaches can be followed to achieve the fabrication of the circuits directly on the flexible substrates. In this work, some of the activities performed by our research group in this field will be presented and discussed. Electroless plating and electrodeposition on flexible and stretchable substrates, fluorinated or not, will be described, underlining the different activation processes for the substrates and their influence in promoting the adhesion of the metallic layer. Together with the metallization process, a design of the metallic pattern to achieve stretchability and an in situ mechanical characterization will be shown. The combination of this metallization processes with inkjet technology and 3D printing additive manufacturing will be introduced.


光科学セミナー(10/21(火))のお知らせ(早瀬研究室&物理科 小池グループ)

以下の日程で, 光科学セミナーを開催します.
奮ってご参加ください.

———————————————————————-
日時:2014年10月21日(火)
17時00分~18時00分
場所:14-202
講師:松崎 雄一郎 博士
(NTT物性科学基礎研究所)

“Improving the lifetime of the NV center ensemble coupled with a 
superconducting flux qubit by applying magnetic fields”

Abstract:
One of the promising systems to realize quantum computation is a hybrid
system where a superconducting flux qubit plays a role of a quantum
processor and the NV center ensemble is used as a quantum memory. We
have theoretically and experimentally studied the effect of magnetic
fields on the hybrid system, and found that the lifetime of the vacuum
Rabi oscillation of this system is improved by applying a few mT
magnetic fields to the NV center ensemble. Here, we construct a
theoretical model to reproduce the vacuum Rabi with/without
magnetic fields applied to the NV centers, and we determine the reason
why magnetic fields can affect the coherent properties of the NV center
ensemble. From our theoretical analysis, we quantitatively show that the
magnetic fields actually suppress the inhomogeneous broadening from the
strain in the NV centers.

問合せ先
物理学科 遠藤(rugusuudone@a2.keio.jp)


牧英之准教授が飯島奨励賞を受賞

牧英之准教授は、第11回飯島賞において、飯島奨励賞を受賞しました。飯島奨励
賞は、ナノチューブ及びその関連物質についての理論・実験・応用開発に関する
優秀な業績に対して授与される賞です。
受賞対象となった研究は、「カーボンナノチューブおよびグラフェンによる電流
駆動・超高速・オンチップ発光素子」です。
第48回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム(東京大学)に
おいて授与式が予定されております。

飯島賞の詳細はこちら


Web of Ramen

トムソン・ロイター社とリバネス社
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
のコラボとなるWeb of Scienceの紹介動画
に当学科のスタッフが出演しています.

トムソン・ロイター
カレントアウェアネス・ポータル(国会図書館)

第1話 ラーメンでわかる論文検索『Web of Ramen 出会い編 』

第2話 ラーメンでわかる研究トレンド『Web of Ramen 弟子入り編 』

第3話 ラーメンでわかる研究トレンド『Web of Ramen 弟子入り編 』

*ラストに当学科の教員氏名が出てきます.