「スケジュール」カテゴリーアーカイブ

ダブルディグリー提携大学 特別講演会@11/10(月)

提携大学特別講演会

日時:11月10日(月) 午前10時-11時
場所:理工学部創想館2階DR2
講師:Prof.Luca Magagnin (ミラノ工科大学)
対象:理工学部、理工学研究科学生、教員

興味のある方は, ふるってご参加ください.
問い合わせ: 白鳥世明 (shiratori@appi.keio.ac.jp)
——————————————————
Title “Metallization for flexible and stretchable devices”

Abstract: Electronic systems on flexible and stretchable substrates have received increasing attention in the last couple of decades because they enable classes of applications that lie outside of those easily addressed with wafer-based electronics. Different approaches can be followed to achieve the fabrication of the circuits directly on the flexible substrates. In this work, some of the activities performed by our research group in this field will be presented and discussed. Electroless plating and electrodeposition on flexible and stretchable substrates, fluorinated or not, will be described, underlining the different activation processes for the substrates and their influence in promoting the adhesion of the metallic layer. Together with the metallization process, a design of the metallic pattern to achieve stretchability and an in situ mechanical characterization will be shown. The combination of this metallization processes with inkjet technology and 3D printing additive manufacturing will be introduced.


光科学セミナー(10/21(火))のお知らせ(早瀬研究室&物理科 小池グループ)

以下の日程で, 光科学セミナーを開催します.
奮ってご参加ください.

———————————————————————-
日時:2014年10月21日(火)
17時00分~18時00分
場所:14-202
講師:松崎 雄一郎 博士
(NTT物性科学基礎研究所)

“Improving the lifetime of the NV center ensemble coupled with a 
superconducting flux qubit by applying magnetic fields”

Abstract:
One of the promising systems to realize quantum computation is a hybrid
system where a superconducting flux qubit plays a role of a quantum
processor and the NV center ensemble is used as a quantum memory. We
have theoretically and experimentally studied the effect of magnetic
fields on the hybrid system, and found that the lifetime of the vacuum
Rabi oscillation of this system is improved by applying a few mT
magnetic fields to the NV center ensemble. Here, we construct a
theoretical model to reproduce the vacuum Rabi with/without
magnetic fields applied to the NV centers, and we determine the reason
why magnetic fields can affect the coherent properties of the NV center
ensemble. From our theoretical analysis, we quantitatively show that the
magnetic fields actually suppress the inhomogeneous broadening from the
strain in the NV centers.

問合せ先
物理学科 遠藤(rugusuudone@a2.keio.jp)


10月8日(水)4限 光科学セミナーのお知らせ(早瀬研究室)

日時:2014年10月8日(水)
14時45分~16時15分
場所:DR3
講師:越野和樹 博士
(東京医科歯科大学准教授)

「単一光子による決定論的な量子状態スイッチング」

概要:
一次元光学系では, 入射光子と物質からの輻射との破壊的干渉により, 光子と物
質との相互作用が自由空間中に比べ劇的に増強される. 特に「インピーダンス整
合Λ系」では, 単一入射光子の量子情報とΛ型三準位系の量子情報とが一回の反射
により完全に交換することが知られている. 講演では, 超伝導回路QED系にお
ける上記Λ系の実装方法,そのマイクロ波光子に対する応答,単一マイクロ波光
子検出, などの話題について理論・実験の両面から議論する.

問合せ先
物理情報工学科 早瀬 (hayase@appi.keio.ac.jp)


光科学セミナー(9/22(月))のお知らせ(早瀬研究室)

日時:2014年9月22日(月)
10時45分~12時15分
場所:DS53
講師:山本 卓 博士(物質・材料研究機構)

「イオン注入による室温ダイヤモンドスピン量子ビットの生成」

概要:
ダイヤモンド格子中に存在する窒素空孔(NV)欠陥は良く知られた蛍光センター
の一つであるが、その電子スピンが室温で操作・検出を行えることから、近年、
室温で動作する固体量子ビットとして注目されている。本研究は、スピンフリー
格子としての高純度・12C同位体濃縮ダイヤモンド結晶中に良質なNV量子ビット
を窒素イオン注入で生成することを目的にしている。量子情報処理や量子計測へ
の応用に向けた基礎研究について最近の実験結果を報告する。

問合せ先: 早瀬(E-mail: hayase@appi.keio.ac.jp)


セミナー@9/24(水)のお知らせ(伊藤研究室)

1pm-2:15pm, Wednesday, September 24
bldg. 14, 2nd floor, Discussion Room 2

Neutral Modes in Fractional Quantum Hall Regimes
Dr. Hiroyuki Inoue
Department of Condensed Matter Physics, Weizmann Institute of Science, Israel

The quantum Hall effect (QHE) is a canonical example of 2D topological phases. Being incompressible in the bulk, available low-energy charged excitations are only at the edge: gapless chiral 1D edge channels. Various collective phenomena can emerge when interactions take place between coexisting multiple edge channels. Recently, there is a surge of energy transport therein upon an observation of upstream neutral edge modes, arising from the interacting channels, in so-called hole-like fractional QHEs (FQHEs), which remained elusive despite of an early theoretical prediction. In this talk, I will describe such neutral modes detected via shot noise measurements. Surprisingly, they were found not only in the hole-like FQHEs, as theoretically expected, but also in particle-like FQHEs and, furthermore, in the bulk. Our result presents a new picture of energy transport in FQHE.

分数量子ホール系における中性モード
井上博之 博士
ワイツマン研究所凝縮系物理学科(イスラエル)

量子ホール効果はトポロジカル電子相の典型例である。エネルギーギャップのためバルクが非圧縮性を持つため、低エネルギー励起はエッジにのみカイラルエッジチャネルとして存在し、1次元電子系を実現する。そのようなエッジチャネルが複数存在し、チャネル間に相互作用が存在すると、様々な集団励起が生成する。量子ホール系での電荷輸送が精力的に研究されて来た一方で、昨今、いわゆるホール共役分数量子ホール系で対向チャネル間の相互作用に起因する逆流中性エッジモードが観測されて以来、量子ホール系でのエネルギー輸送が注目されている。理論的な予測は20年程前からされていたものの、電荷輸送に比べ検出の困難さのため、観測はつい最近になってからであった。このセミナーではショットノイズ測定用いた中性モードの検出実験を紹介する。観測結果は、理論的な予測の範疇に留まらず、量子ホール系の新たなエネルギー輸送の描像を供する。十分な導入部も盛り込む予定なので、学部生の方々にも参加して頂けると幸いです。

連絡先: 伊藤(kitoh@appi.keio.ac.jp)


平成26年度 経営幹部大学特別講義@7/4(金) (宮坂明博氏)のご案内

日時: 2014年7月4日(金) 10時45分~12時15分
場所: 12棟210教室
講師: 宮坂明博氏
(新日鐵住金株式会社 代表取締役副社長, 技術開発本部長)

題目: 未来に挑戦する鉄づくり~ナノレベルで特性を追求して キロメートルで造り込む~
主催: 一般社団法人 日本鉄鋼協会

概要: 現在においても機能の進化を続けている『鉄』の技術先進性とさらなる発展性について、ナノレベルからキロメートル視点で解説するとともに、成長産業である鉄鋼業が求める人材について講義する。

奮ってご参加ください.
連絡先: 本多(E-mail: honda@appi.keio.ac.jp)


第2会合同(機械工学科 泰岡研) & 第7回 物質探索・設計セミナー (7/1(火))のお知らせ

2nd Joint (Dep. Mech. Eng., Yasuoka lab.) & 7th Material Science & Strategy Seminer@Keio Univ.
Lecturers: Aron Walsh (University of Bath)
Tuesday July 1st, 2014, 17:00-18:30
14-212 (DR2)
* 泰岡教授, 澁谷泰蔵氏の御厚意により,
共催として掲示させていただきます.
英国バース大学のAron Walsh博士は, 二元系熱電材料の無次元性能指数の第一原理によるシミュレートに成功している, マテリアルインフォマティクスにおけるトップ研究者です.

詳細はこちらを参照ください.


第6回 物質探索・設計セミナー(6/23(月))のお知らせ

6th Material Science & Strategy Seminer@ Keio Univ.
Lecturers: Dr. Simon Hall (University of Bristol)
Monday June 23, 2014, 13:00 pm
16A-3F Meeting Room

The growth of metal oxide nanowires can be processed via a number of mechanisms such as crew dislocation, vapor-liquid-solid process, or seeded growth. Selection of relevant mechanism depends on requirement of sample qualities and purpose of applications. Bio-template processes may be one innovative choice for reducing energy required for synthesizing high quality nanowires. In this lecture, I demonstrate several examples and synthesis routes of functional materials fabricated by biotemplate processes.

英国ブリストル大学のSimon Hall博士に, 生体反応や生体構造を利用するナノ構造作製手法「バイオテンプレート」を適用した高温超伝導体YBa2Cu3O7-d ナノワイヤー作製手法を中心に, 様々な機能性物質の合成手法を紹介していただきます. バイオテンプレートを利用した反応は, 従来の固相反応に比べ, ナノ構造作製に要するエネルギーの低減と, 材料の化学組成制御の2点で優れる場合があり, 今後の発展が期待されるアプローチです. 講義/質疑応答は英語にて行ないます.
興味のある方は, 神原(kamihara_yoichi@appi.keio.ac.jp)まで連絡をされたい.


光科学セミナー(5/29(木))のご案内

日時:2014年5月29日(木) 16時30分~18時00分
場所:セミナールーム4
講師:辻野 賢治 博士
(東京女子医科大学 医学部医学科 物理学教室)

題目: 「標準量子限界を超える量子受信機の開発」

概要:
光を電磁波として設計している現在の光通信技術では, その信号識別において、
光の粒子性に起因した限界が存在する. これは, 標準量子限界として知られている.
しかしながら,  光を量子状態であるとして受信機を設計すると, 標準量子限界を
超えられることが分かっている. このような性能を持つ受信機を量子受信機と呼ぶ.
本セミナーでは, 我々が行った量子受信機の実証実験について, これまでの研究
や今後の展開を踏まえながら紹介する.

奮ってご参加下さい.
連絡先: 早瀬 (E-mail: hayase@appi.keio.ac.jp)


足立研セミナー(5/28(水)) “制御工学における表現と理論の連続性”

講師: 北森俊行(東京大学名誉教授,元慶應義塾大学工学部計測工学科助教授)
日時: 2014年5月28日(水) 16:30-18:00
場所: 創想館2階セミナールーム1 (14-201)
概要: 制御理論と現場の制御とのハザマで制御工学がどうあるべきか彷徨っているうちに,いくつかの鍵となる概念や考え方に思い至ったが,そのひとつとして「連続性」と言うべき概念が生産的であるように思われる.制御工学において,連続性がどこに由来し,どう理論構築に生産的か,例を示し,あわせて問題点も議論してみたい.
(足立研HPより転載)
多くの方のご聴講をお待ちしています.

連絡先: 足立(adachi [at] appi.keio.ac.jp)