2008年度 椎木研究室

■構成

教授

椎木一夫

博士課程3年(慶應義塾大学特別研究助教)

堀切康平

修士課程2年

河村 賢 竹内 功 竹田和弘

修士課程1年

澤井慶介 杉村昌彦

学部4年

伊藤隆介 久寶遼平  小野壮一 齋藤隆文 中尾亮太 川勝研太郎

■進路

新日本製鐵
キヤノンアネルバ
株式会社ベネッセコーポレーション
大学院進学

■博士論文、修士論文題目及び卒業研究題目

博士論文

松原裕樹

「分子動力学シミュレーションによる水蒸気の気・液核生成の研究」
主査:横井康平、副査:椎木一夫、高野宏、泰岡顕治、藤谷洋平

Asrulnizam Bin Abd Manaf

“One-side-electrode-type fuluid-based inclination sensor combined with CMOS detection circuitry”
主査:松本佳宣、副査:椎木一夫、本多敏、藤谷洋平

堀切康平

「電流分光法を用いたトンネル接合の研究」
主査:椎木一夫、副査:太田英二、的場正憲、松本智

修士論文

河村 賢 「非弾性トンネル分光法を用いたTMR素子の評価」
竹内 功 「AFMを用いた絶縁層薄膜の表面形状変化と電流像に関する研究」
竹田和弘 「定電圧ストレスがスピントンネル磁気抵抗素子へ与える影響」

卒業研究

久寶遼平 「スピントンネル磁気抵抗素子のトンネル分光に関する研究」
伊藤隆介 「垂直磁気記録におけるクロストーク信号の影響」
小野壮一 「電流制限層を有する巨大磁気抵抗素子の電流分光」
齋藤隆文 「パルス電流によるスピントンネル素子における通電発熱効果の解明」
中尾亮太 「電流制限型巨大磁気抵抗素子におけるノイズに関する研究」

本年度の輪講は過去の修士論文等を中心に行った。新歓、夏合宿、バーベキュー、卒論/修論/打ち上げなどを行った。

■論文および学会発表など

原著論文

  • “Appearance of a Tunneling Spectrum Peak by Electrical Breakdown of Tunneling Junction”
    IEEE Trans. Magn. 44 (11)(2008) 2589-2591.
    Kohei Horikiri and Kazuo Shiiki
  • “Change in Tunneling Spectrum of a Co/AlOx/Co Junction under Constant Voltage Stress”
    Materials Research Society Symp. Proc. 1108A9.4 (2009) -.
    Kohei Horikiri and Kazuo Shiiki

国際学会

  • “Appearance of a Tunneling Spectrum Peak by Electrical Breakdown of Tunneling Junction”
    IEEE International Magnetics Conference 2008 (Madrid, Spain) May 4 – 8(7) EX-04
    Kohei Horikiri and Kazuo Shiiki
  • “Study on High-Frequency Magnetic Response by Micro-magnetic Simulation Including Eddy Current Effect”
    13th Biennial IEEE Conference on Electromagnetic Field Computation2008 (Athens, Greece) May 11-17(14) PF4-13
    Kazuo Shiiki and Tomonari Miyake
  • “High-Frequency Response of Magnetic Head Core by Micromagnetic Simulation Including Eddy Current Effect”
    13th International IGTE Symposium on Numerical Field Calculation in Electrical Engineering 2008 (Graz, Austria) Sep 21-24(22) P1-15
    Kazuo Shiiki
  • “Change in Tunneling Spectrum of a Co/AlOx/Co Junction under Constant Voltage Stress”
    Materials Research Society 2008 Fall Meeting 2008 (Boston, USA) Dec 1-5(2) A9.4
    Kohei Horikiri and Kazuo Shiiki

国内学会、研究会

  • トンネル分光法によるMgO絶縁層の評価
    日本物理学会年会2008年秋季大会 (岩手大学9/20-23) 21pPSA-4
    澤井慶介,椎木一夫,堀切康平,河村賢
  • 定電圧印加によるCo /AlOx /Coの絶縁破壊の研究
    日本物理学会年会2008年秋季大会 (岩手大学9/20-23) 21pPSA-6
    堀切康平,椎木一夫
  • 非弾性トンネル分光法を用いたTMR素子の評価
    日本物理学会年会2008年秋季大会 (岩手大学9/20-23) 21pPSA-7
    河村賢,堀切康平,椎木一夫
  • 数値計算によるTMR素子の絶縁層の評価
    日本物理学会年会2008年秋季大会 (岩手大学9/20-23) 21pPSA-9
    竹田和弘,堀切康平,椎木一夫
  • トンネル分光法によるMgO-TMR素子の評価
    日本物理学会第64回年次大会 (立教学院池袋3/27-30)27pPSB-3
    澤井慶介,椎木一夫,堀切康平,河村賢
  • パルス電流を使ったスピントンネル素子の熱による影響の解明
    日本物理学会第64回年次大会 (立教学院池袋3/27-30)27pPSB-4
    齋藤隆文、椎木一夫、堀切康平
  • CPP-GMR 素子の電流分光
    日本物理学会第64回年次大会 (立教学院池袋3/27-30)27pPSB-5
    小野壮一、堀切康平、椎木一夫
  • 磁気ヘッド素子におけるノイズと分光の関係性
    日本物理学会第64回年次大会 (立教学院池袋3/27-30)27pPSB-7
    中尾亮太、椎木一夫
  • スピントンネル素子のトンネル分光に関する研究
    日本物理学会第64回年次大会 (立教学院池袋3/27-30)28aPS-93
    久寶遼平、椎木一夫

表彰

  • 堀切康平:慶應義塾大学大学院理工学研究科平成20年度第三期
    国際論文発表奨励賞
  • 椎木一夫:発明協会関東地方発明表彰神奈川県支部長賞 2008/11/5
  • トンネル接合磁気抵抗型磁気ヘッド(特許第3261698号)

Dept. Applied Physics and Physico-Informatics