「スケジュール」カテゴリーアーカイブ

量子情報分野セミナー@1/17 & 半導体スピントロニクスワークショップ@1/24

以下のセミナーを紹介します.

1月17日(木): 量子情報分野特別セミナー
1月24日(木): 半導体スピントロニクスに関するワークショップ

講師の方々は, いずれも先駆的な研究で世界的に注目されている研究者です.
講演はすべて英語で行われます. 聴講は無料です.
関連HP: Spintronics Research Center
————————–
Thursday, January 17, 2013, 4pm-6pm
Special seminar on quantum information
Date and time,,
Place: Keio University Yagami Campus
Building 14, 2nd floor,Discussion room 3 (創想館、DR3)

16:00 Simon Berger (ETH, Switzerland)
“Circuit quantum electrodynamics and geometric phases”
17:00 Seth Lloyd (MIT, USA)
“The quantum geometric limit — fundamental bounds to measuring length and time”

————————-
Thursday, January 24, 2013, 1pm-5:50pm,

Topical workshop on semiconductor spintronics

Co-organized by
Keio Spontronics Research Center
Collaborative Project S of the Research Institute for Electronic Communication,
Tohoku University
Registration fee: free
Preregistration: not required
Place: Keio University Yagami Campus慶應義塾大学理工学部矢上キャンパス
Building 16A, 3rd floor, the large meeting room (厚生棟大会議室、生協食堂真上)

12:50 Opening
13:00 Recent topics in diluted magnetic semiconductors
Hideo Ohno (Tohoku University)
13:50 Fe-based n-type ferromagnetic semiconductor
Masaaki Tanaka (University of Tokyo)
14:40 Break
14:50 Computational Nano-Materials Design for Spintronics: Design vs. Realization
Hiroshi Katayama-Yoshida (Osaka University)
15:40 break
16:00 Theoretical design of efficient source of spin currents
Masafumi Shirai (Tohoku University)
16:40 Quantum measurement of magnetic field using NV
centers in isotopically enriched diamond
Junko Ishi-Hayase (Keio University)
17:20 Closing
—————————-


第3回 物質探索・設計セミナー (11/28(水))のお知らせ

講演者: 山田 幾也 氏 (大阪府立大学 特別講師)
題目: 高圧合成法と新奇遷移金属酸化物の合成

超高圧・高温発生技術は, 常圧相では得られない新奇な電子状態・電子物性を有する
結晶相・新材料を発見する上で非常に有効です.
本セミナーでは, そのような技術を利用して得られた新奇物質や,
工業応用上の価値の高い負の熱膨張を示す新材料を中心に, 関連技術の
紹介をしていただきます.
日時: 2012年11月28日(水)15:30~16:30
場所: 創想館(14棟) ディスカッションスペース(DR)6

連絡先: 神原(kamihara_yoichi@appi.keio.ac.jp)


第二回 理工学メディアセンターパネル討論会@11/8(木)

下記の討論会に当学科の神原が登壇予定です.
—————————————————————————
今年4月に開催した「理工学メディアセンターパネル討論会」の第2弾を
11月8日(木)16:30より、理工学メディアセンターにて開催いたします。
今回は、当塾の研究者、研究/教育担当理事に加えて、
学術出版と科学技術政策に携わる方も交え、
「学術コミュニケーションのあり方」をテーマに討議を行います。
皆さまのご参加をお待ちしております。

詳細はこちら

「第2回理工学メディアセンターパネル討論会
グローバル知的社会での理工学メディアセンターの役割
-学術コミュニケーションのあり方-」

日時:2012年11月8日(木) 16:30~19:00(開場16:00)
場所:理工学メディアセンター創想館1階 学習エリア
対象:理工学部/理工学研究科の学生・教職員の方
講演:
林 和弘   文部科学省 科学技術政策研究所
討論者:
神原 陽一  物理情報工学科 准教授
田邉 孝純  電子工学科 准教授
犀川 陽子  応用化学科 専任講師
長谷山 彰  常任理事(教育担当)
真壁 利明  常任理事(研究担当)
市古 みどり 理工学メディアセンター事務長
司会:
前田 吉昭  理工学メディアセンター所長

※事前の参加申込は不要です。当日は直接会場までお越しください。

お問い合わせ先:理工学メディアセンター総務担当(内線40304)


第2回 物質探索・設計セミナー (9/4(火))のお知らせ

講演者: 伊藤 孝憲 氏 (AGCセイミケミカル株式会社)
題目: 多元系物質の結晶構造パラメーター精密化

結晶の局所構造解析を効率的に行う技術であるリートベルト解析はSPring-8やJ-PARCを利用した大強度の放射光・中性子線
のみならず, ラボ線源を使用したXRDパターンに対しても非常に強力な解析技術である.
当日は物性研究者の視点から初歩的な原理を紹介し, 実際の解析例を紹介する.
連絡先: 神原(kamihara_yoichi@appi.keio.ac.jp)


足立研セミナーへのお誘い(7月)

7月後半につぎの2つの足立研セミナーを行います。興味のあるかたはぜひご参加ください。どちらも非常にお勧めのセミナーです。

1. 7月26日(木) 15:30~17:00 創想館2階 セミナールーム3 (14-203)
「未来は自分で発明するもの ~ Beyond the Leaf」  廣田 幸嗣 氏(カルソニックカンセイ㈱ グローバルテクノロジ本部 テクノロジオフィサ/日産自動車㈱ EVパワートレイン開発部 技術顧問/NPO法人 次世代エンジニアリング イニシアティブ 監事)

2.  7月30日(月) 10:45~12:15 創想館2階 セミナールーム3 (14-203)
”Dynamics and Control of Biological Oscillations” Prof TeD Iwasaki (岩崎徹也教授) (University of California, Los Angeles (UCLA), USA)

詳しくは こちら(http://arx.appi.keio.ac.jp/adachi-lab-seminars/)をご覧ください。


光科学セミナーのお知らせ: 2次元ランダム系における光の局在現象 (7/11(水))

講演者: 酒井優 准教授 (山梨大学)
題目: 2次元ランダム系における光の局在現象
日時: 2012年7月11日(水)16:45~17:30
場所: 創想館 ディスカッションスペース(DS)63

明日7月11日(水)4限目の特別講義にて、山梨大の酒井先生が
「ナノを光で見る」と題して、近接場顕微鏡のお話をして下さいます。
(学部3年生向けなので、基礎的な話中心です)

特別講義終了後、「2次元ランダム系における光の局在現象」と
題しまして、研究室向けのセミナーにて、もう少し詳しい研究のお話を
していただく予定です。

ご興味のある方は是非ご聴講下さい。

連絡先: 早瀬 (hayase@appi.keio.ac.jp)


Quantum tomography (量子状態に対する逆解析手法の一つ)に関するセミナー(7/12(木))の紹介

講演者: Madalin Guta 博士 (Nottingham Univ., UK)
題目: Rank-based model selection for multiple ions quantum tomography
日時: 2012年7月12日(木)16:00~
場所: 創想館2階 ディスカッションルーム2 (14-212)

量子状態を実験データから推定する方法を一般に quantum tomography と
呼びますが、とくにトラップされたイオン状態の場合に、モデル選択の理論を
適用しようという新しい試みをお話頂きます。非常に物情らしいテーマと思います。(山本)

連絡先: 山本 (yamamoto@appi.keio.ac.jp)