第9回 物質探索・設計セミナーのお知らせ (物質探索・設計ワーク・ショップα)@016年8月25日(木) 10:30-12:00, 慶應義塾大学 矢上キャンパス

第9回 物質探索・設計セミナーのお知らせ
(物質探索・設計ワーク・ショップα)

2016年8月25日(木) 10:30-12:00, 慶應義塾大学 矢上キャンパスにて
以下の内容のセミナー & ワーク・ショップを行います.
詳細は概要を参照願います.

緒言
酸素発生反応は、エネルギー変換ひいては水分解による水素の実用化をめざす上で必須の化学反応である。この化学反応に対する技術開発は長い歴史を持ち、酸素発生反応に必要な活性化エネルギー(過電圧)の低減は、工業上非常に重要な価値を有する。最近、人工的にのみ得られる多元系化合物や高圧合成法などによる新物質が、既存の貴金属酸化物と同等以上の触媒機能を示すことが注目されている。特筆すべきは、遷移金属酸化物の多くは絶縁体であるにもかかわらず、その結晶構造を人為的に制御することで、触媒機能を劇的に向上させることができる点である。このワーク・ショップは計算機科学による触媒機能の予備的な検討と、電気化学・高圧合成科学の専門家による最先端の技術紹介を通して、今後の課題を明らかにすることを目的とする。
講演者一同

講演者1:八木俊介
(東京大学 生産技術研究所 准教授)
題目:電気化学触媒としてのペロブスカイト酸化物

講演者2: 平井慈人
(北見工業大学 マテリアル工学科 助教)
題目: 高圧合成法・液相合成法がもたらす酸素発生触媒の新展開

講演者3: 神原陽一
(慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 准教授)
題目: マテリアルインフォマティクス, 高圧相と物質界面への適用


7/25(月)-27(水) ワーク・ショップ@英国 ブリストル大学のお知らせ”1st Workshop on Novel Superconducting materials and biomimetic processes 2016″

英国ブリストル大学と合同で 7/25-27に
1st Workshop on Novel Superconducting materials and biomimetic processes 2016
和訳: 第1回 新規な超伝導材料とバイオミメティックプロセス (2016)
と題したワーク・ショップを行います.

詳細は
プログラム
を参照願います.


カーボンナノチューブをテンプレートとした世界最小クラスの超極細超伝導ナノワイヤーを実現-様々な材料系で超伝導量子デバイスをシリコンチップ上で作製可能に-(牧英之准教授)

慶應義塾大学理工学部の牧英之准教授らは、国立研究開発法人物質・材料研究機構、国立大学法人群馬大学と共同で、カーボンナノチューブをテンプレートとして、世界最小クラスの超極細超伝導ナノワイヤーを実現し、シリコンチップ上でのデバイス化によって、微小な超伝導体で現れる特異な超伝導現象の観測に成功しました。この超伝導ナノワイヤーをデバイス化したところ、低温にするほど超伝導状態が壊れる現象(超伝導-絶縁体転移)や磁束がナノワイヤーをトンネルする現象(量子位相スリップ)など、特異な超伝導現象の観測に成功しました。今回、超伝導デバイスで実用化されている窒化ニオブ超伝導体でナノワイヤーの作製に成功したことや、シリコンチップ上で電子デバイス化にも成功していることから、量子ビットや超高感度光検出器といった新たな超伝導量子デバイス応用が期待されます。

本研究成果は、2016年5月31日(現地時間)に米国物理学会誌「Applied Physics Letters」のオンライン版で公開されました。

詳細は、牧研HPへ


宇宙飛行士 山崎直子氏講演会

足立教授の主催で,5月2日にセミナールーム3において,宇宙飛行士 山崎直子氏の講演会が開催されました.演題は「制御工学及びシステム工学に観点からみた有人宇宙機」でした.足立研究室および関係者の他,物理情報工学科3年生など,約70名が参加しました.

26495578400_231c1854a5_o

 

26768168365_91a35c539d_o

26495577790_71af3bca5b_o

 

26495572780_90d2b9ae5f_o


Dept. Applied Physics and Physico-Informatics