kamihara のすべての投稿

物理情報工学特別講義@水曜4限, 14棟201号室 の紹介

当学科に設置された特別講義を紹介します。
物理情報工学と密接に関連するにも関わらず, 学科専任の教員では担当しきれない分野の専門家をお呼びし
講義をしていただくオムニバス形式の授業です. 今年度は, 以下の方々に出講いただく予定です.

4/19(水) キヤノン財団理事長、キヤノン特別顧問 生駒俊明 氏
「人生を楽しく生きる - 私の履歴書から」

4/26(水) 日本電信電話株式会社 松田信幸 氏
「光子を用いた量子情報技術の研究」

5/10(水) 静岡大学 井上翼 氏
「カーボンナノチューブ複合材料の可能性 ~宇宙エレベータは実現できるか!?~」

5/17(水) 浜松ホトニクス(株) 須山本比呂 氏
「ひかり とは」

5/24(水) 株式会社富士通研究所 有永健児 氏
「企業研究者の遍歴」

5/31(水) 国立研究開発法人物質・材料研究機構 清水智子 氏
「原子・分子が見える顕微鏡に魅せられた物情卒業生の話」

6/ 7(水) 李 哲虎 氏(産業技術総合研究所省エネルギー研究部門)
「中性子散乱による固体物理の研究」

6/14(水) 清水 孝雄 氏(株式会社チノー技術開発センター)
「IoTを支えるセンサ技術とワイヤレスセンサシステム」

6/21(水) 青木 秀夫 氏(東京大学名誉教授)
「物性物理学と場の理論―南部理論を中心に」

6/28(水) 林 和弘 氏(文部科学省 科学技術・学術政策研究所)
「学術情報流通の変革から紐解くこれからの研究と評価の在り方」

7/ 5(水) 天野 稔 氏(東京発電株式会社 常任監査役)
「企業不祥事と技術者倫理」

7/12(水) 星野 一生 氏 (国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構)
「第4の物質状態プラズマと核融合プラズマエネルギー研究の現状」

いずれも科学技術の先端におられる専門家による講義となります.
学生諸君のみならず, このページを読んだ若手研究者の皆様の将来の進むべき方向を決め
それに備えるための一助となることを期待します.
*物理情報工学科に属する学生以外も聴講可能です.


「ハイブリッド量子科学」セミナー@12/7(Wed.)の紹介

以下のセミナーを開催します.
興味のある方は奮ってご参加ください.

連絡先: 早瀬 (hayase@appi.keio.ac.jp)
—————————————————-
「ハイブリッド量子科学」セミナー
日時:12月7日(水) 14:45~
場所:慶應義塾大学 矢上キャンパス 14棟 DR2
どなたでも参加できます(参加費無料・事前登録不要).

14:45~15:15
「化合物半導体量子ドットの多重積層構造の作製技術」
情報通信研究機構 赤羽浩一 主任研究員

15:15~15:45
「フォノニック結晶によるフォノン場および輸送制御技術」
東京大学生産技術研究所 野村政宏 准教授

14:45~15:15
「半導体量子ドットの励起子コヒーレンスの物理・制御・応用」
慶應義塾大学 早瀬潤子 准教授

16:30~17:30 総合討論
17:45~18:30 実験室見学

講演概要
「化合物半導体量子ドットの多重積層構造の作製技術」
情報通信研究機構 赤羽浩一 主任研究員

自己形成による半導体量子ドットは真空一貫のプロセスであることから高品質なものを得ることが出来る。InP基板上のInAs量子ドットは光ファイバ通信の波長帯である1550nmの発光が得られることから応用上重要な材料系となる。高密度の量子ドット形成には量子ドットの積層技術が有効であるが、結晶成長の際の歪エネルギーの蓄積が問題となり、結晶品質の劣化が問題となる。本講演ではこの問題を解決するための歪補償技術について解説し、これを利用した光物性測定、光デバイス応用についての研究を紹介する。また、量子ドットへのキャリア注入の新しい構造として、超格子埋め込みのInAs量子ドットの作製方法とその光学特性についても紹介する。

「フォノニック結晶によるフォノン場および輸送制御技術」
東京大学生産技術研究所 野村政宏 准教授

フォノニック結晶は、フォノンに対する人工周期構造であり、その周期性に基づいたフォノンバンドの変更により、状態密度や輸送特性を大幅に制御できる。
本講演では、ハイブリッド量子科学への応用が可能なフォノニック結晶ナノ構造によるフォノン場制御について紹介する。シリコン薄膜に300 nmで周期的円孔配列を設けたフォノニック結晶中を例とし、フォノン場および輸送特性についてのシミュレーション結果を示すことで、どの程度の状態密度と輸送特性の制御が可能かを示す。また、フォノンバンドエンジニアリングによる熱伝導制御についての実験結果を紹介する。

「半導体量子ドットの励起子コヒーレンスの物理・制御・応用」
慶應義塾大学 早瀬潤子 准教授

半導体量子ドット中の励起子は、離散的なエネルギー準位構造をもつことから比較的長いコヒーレンス時間を有することが知られており、量子情報処理・通信への応用が期待されている。
本講演では、フォトンエコー法を用いた量子ドット励起子コヒーレンスの精密評価と位相緩和メカニズムの解明について紹介するとともに、チャープパルスを用いた励起子コヒーレンスの新しい制御法の開発や、フォトンエコー量子インターフェースへの応用可能性について、最近の研究成果を示す。


足立研セミナー: 11/7(月) 斎藤尚樹氏(文部科学省 科学技術・学術政策研究所)

11月7日(月) 18:00~19:30 に
文部科学省 科学技術・学術政策研究所 総務研究官の
斎藤尚樹さんにお越しいただき,

「科学研究の俯瞰・ベンチマークと将来予測
  ~ 慶応大学の『研究力』の現状・動向及び将来戦略を読み解く」

という題目で講演をしていただきます。

場所は,日吉キャンパス来往舎2階 大会議室です。
詳細は,こちらをご覧ください。

夜遅く,しかも日吉での開催なので,ご不便をおかけしますが,
ご興味のある方はぜひご参加ください。

連絡先: 足立 E-mail: adachi@appi.keio.ac.jp


第9回 物質探索・設計セミナーのお知らせ (物質探索・設計ワーク・ショップα)@016年8月25日(木) 10:30-12:00, 慶應義塾大学 矢上キャンパス

第9回 物質探索・設計セミナーのお知らせ
(物質探索・設計ワーク・ショップα)

2016年8月25日(木) 10:30-12:00, 慶應義塾大学 矢上キャンパスにて
以下の内容のセミナー & ワーク・ショップを行います.
詳細は概要を参照願います.

緒言
酸素発生反応は、エネルギー変換ひいては水分解による水素の実用化をめざす上で必須の化学反応である。この化学反応に対する技術開発は長い歴史を持ち、酸素発生反応に必要な活性化エネルギー(過電圧)の低減は、工業上非常に重要な価値を有する。最近、人工的にのみ得られる多元系化合物や高圧合成法などによる新物質が、既存の貴金属酸化物と同等以上の触媒機能を示すことが注目されている。特筆すべきは、遷移金属酸化物の多くは絶縁体であるにもかかわらず、その結晶構造を人為的に制御することで、触媒機能を劇的に向上させることができる点である。このワーク・ショップは計算機科学による触媒機能の予備的な検討と、電気化学・高圧合成科学の専門家による最先端の技術紹介を通して、今後の課題を明らかにすることを目的とする。
講演者一同

講演者1:八木俊介
(東京大学 生産技術研究所 准教授)
題目:電気化学触媒としてのペロブスカイト酸化物

講演者2: 平井慈人
(北見工業大学 マテリアル工学科 助教)
題目: 高圧合成法・液相合成法がもたらす酸素発生触媒の新展開

講演者3: 神原陽一
(慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 准教授)
題目: マテリアルインフォマティクス, 高圧相と物質界面への適用


7/25(月)-27(水) ワーク・ショップ@英国 ブリストル大学のお知らせ”1st Workshop on Novel Superconducting materials and biomimetic processes 2016″

英国ブリストル大学と合同で 7/25-27に
1st Workshop on Novel Superconducting materials and biomimetic processes 2016
和訳: 第1回 新規な超伝導材料とバイオミメティックプロセス (2016)
と題したワーク・ショップを行います.

詳細は
プログラム
を参照願います.


講演(講義)紹介: Simulations of physical phenomena described by partial differential equations, 3/26 (Sat.) & 3/30 (Wed.)

エコールセントラリヨン(ECL, フランス)のFrédéric Gillot准教授の講演(講義)を紹介します.

題目: Simulations of physical phenomena described by partial differential equations

第1回 3/26 (土) 9:00-10:30@14棟2F, ディスカッションルーム3
第2回 3/30 (水) 9:00-10:30@14棟2F, ディスカッションルーム3

物理情報に向いたテーマですので, ご関心の先生方, 学生の皆様は
奮ってご参加ください.

連絡先: 白鳥 (shiratori@appi.keio.ac.jp)


3/31(木) 光科学セミナー(2件)のお知らせ

2016年3月31日(木)に光科学セミナーを開催します.

場所: 14-DR8
【13時30分~】
荒井 慧悟 博士
(Massachusetts Institute of Technology, Harvard Univ., Keio Univ.)
「ダイヤモンド中のNVセンターを用いた磁場イメージング」
ダイヤモンド中の欠陥のひとつであるNVセンターは、磁場測定に利用可能で、室温で高い磁場感度を有する。近年、NVセンターを様々な磁性試料の磁場イメージングに用いる研究が盛んになってきた。本セミナーの前半では、NVセンターに関する基礎的な物理と、磁場イメージングの原理をわかりやすく解説する。後半では、「磁性細菌」という生物試料への具体的な応用例を示し、今後の磁場イメージングの展望を議論する。

【14時50分頃~】
遠藤 傑 君
(慶應義塾大学 理工学研究科,NTT物性科学基礎研究所)
「超伝導磁束量子のスピン増幅と光を用いた読み出し」
現在、超伝導磁束量子ビット(FQ)を集積することにOn-Chip な量子計算(QC) を行う素子をつくるといった方向の研究も多くの研究者によりなされている。QC を行うためには、量子ビットに対し量子非破壊測定(QND)を行えることが必要だが、共鳴なLC共振器やJosephson Bifurcaction Amplifierを用いたQNDは、信号の増幅のための素子が非常に大型になり、集積化に向いていないという欠点がある。そこで、我々はFQのOn-Chip化のための新たな読み出し手法として、スピン増幅と光による新たなFQの読み出し法を提案する。

いずれも先進的なセンシング技術の紹介となります.
奮ってご参加下さい.

問い合わせ先: 早瀬 (hayase@appi.keio.ac.jp)


【追加情報】物理情報系 就職ガイダンス@3/29(火)

学部3年生, 修士1年生の皆様
関係各位

先日のマナー講座で使用されたスライドの一部をkeio.jp内の

修士学生向けには”基礎理工学課題研究(物理情報)”

学部生向けには”物理情報工学演習”

の授業支援ページにアップロードしました. ファイルの閲覧に必要なパスワードは, 3/29(火)の就職ガイダンス時にお知らせします.

(田中, 神原)