kamihara のすべての投稿

第9回 物質探索・設計セミナーのお知らせ (物質探索・設計ワーク・ショップα)@016年8月25日(木) 10:30-12:00, 慶應義塾大学 矢上キャンパス

第9回 物質探索・設計セミナーのお知らせ
(物質探索・設計ワーク・ショップα)

2016年8月25日(木) 10:30-12:00, 慶應義塾大学 矢上キャンパスにて
以下の内容のセミナー & ワーク・ショップを行います.
詳細は概要を参照願います.

緒言
酸素発生反応は、エネルギー変換ひいては水分解による水素の実用化をめざす上で必須の化学反応である。この化学反応に対する技術開発は長い歴史を持ち、酸素発生反応に必要な活性化エネルギー(過電圧)の低減は、工業上非常に重要な価値を有する。最近、人工的にのみ得られる多元系化合物や高圧合成法などによる新物質が、既存の貴金属酸化物と同等以上の触媒機能を示すことが注目されている。特筆すべきは、遷移金属酸化物の多くは絶縁体であるにもかかわらず、その結晶構造を人為的に制御することで、触媒機能を劇的に向上させることができる点である。このワーク・ショップは計算機科学による触媒機能の予備的な検討と、電気化学・高圧合成科学の専門家による最先端の技術紹介を通して、今後の課題を明らかにすることを目的とする。
講演者一同

講演者1:八木俊介
(東京大学 生産技術研究所 准教授)
題目:電気化学触媒としてのペロブスカイト酸化物

講演者2: 平井慈人
(北見工業大学 マテリアル工学科 助教)
題目: 高圧合成法・液相合成法がもたらす酸素発生触媒の新展開

講演者3: 神原陽一
(慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 准教授)
題目: マテリアルインフォマティクス, 高圧相と物質界面への適用


7/25(月)-27(水) ワーク・ショップ@英国 ブリストル大学のお知らせ”1st Workshop on Novel Superconducting materials and biomimetic processes 2016″

英国ブリストル大学と合同で 7/25-27に
1st Workshop on Novel Superconducting materials and biomimetic processes 2016
和訳: 第1回 新規な超伝導材料とバイオミメティックプロセス (2016)
と題したワーク・ショップを行います.

詳細は
プログラム
を参照願います.


講演(講義)紹介: Simulations of physical phenomena described by partial differential equations, 3/26 (Sat.) & 3/30 (Wed.)

エコールセントラリヨン(ECL, フランス)のFrédéric Gillot准教授の講演(講義)を紹介します.

題目: Simulations of physical phenomena described by partial differential equations

第1回 3/26 (土) 9:00-10:30@14棟2F, ディスカッションルーム3
第2回 3/30 (水) 9:00-10:30@14棟2F, ディスカッションルーム3

物理情報に向いたテーマですので, ご関心の先生方, 学生の皆様は
奮ってご参加ください.

連絡先: 白鳥 (shiratori@appi.keio.ac.jp)


3/31(木) 光科学セミナー(2件)のお知らせ

2016年3月31日(木)に光科学セミナーを開催します.

場所: 14-DR8
【13時30分~】
荒井 慧悟 博士
(Massachusetts Institute of Technology, Harvard Univ., Keio Univ.)
「ダイヤモンド中のNVセンターを用いた磁場イメージング」
ダイヤモンド中の欠陥のひとつであるNVセンターは、磁場測定に利用可能で、室温で高い磁場感度を有する。近年、NVセンターを様々な磁性試料の磁場イメージングに用いる研究が盛んになってきた。本セミナーの前半では、NVセンターに関する基礎的な物理と、磁場イメージングの原理をわかりやすく解説する。後半では、「磁性細菌」という生物試料への具体的な応用例を示し、今後の磁場イメージングの展望を議論する。

【14時50分頃~】
遠藤 傑 君
(慶應義塾大学 理工学研究科,NTT物性科学基礎研究所)
「超伝導磁束量子のスピン増幅と光を用いた読み出し」
現在、超伝導磁束量子ビット(FQ)を集積することにOn-Chip な量子計算(QC) を行う素子をつくるといった方向の研究も多くの研究者によりなされている。QC を行うためには、量子ビットに対し量子非破壊測定(QND)を行えることが必要だが、共鳴なLC共振器やJosephson Bifurcaction Amplifierを用いたQNDは、信号の増幅のための素子が非常に大型になり、集積化に向いていないという欠点がある。そこで、我々はFQのOn-Chip化のための新たな読み出し手法として、スピン増幅と光による新たなFQの読み出し法を提案する。

いずれも先進的なセンシング技術の紹介となります.
奮ってご参加下さい.

問い合わせ先: 早瀬 (hayase@appi.keio.ac.jp)


【追加情報】物理情報系 就職ガイダンス@3/29(火)

学部3年生, 修士1年生の皆様
関係各位

先日のマナー講座で使用されたスライドの一部をkeio.jp内の

修士学生向けには”基礎理工学課題研究(物理情報)”

学部生向けには”物理情報工学演習”

の授業支援ページにアップロードしました. ファイルの閲覧に必要なパスワードは, 3/29(火)の就職ガイダンス時にお知らせします.

(田中, 神原)


物理情報系・就職マナー講座 3/16(水) 18:00

就職マナー講座に関するお知らせです.

以下の日程で物理情報工学系2017年3月卒業・修了予定者を対象とした
就職マナー講座を開催します. 就職を考えている学部3年, 修士1年は必ず出席してください.
また, 大学院進学希望者でも就職の可能性のある人は出席してください. (畑山明聖, 田中敏幸)

日時:3月16日(水), 18:00から
対象:物理情報系の修士1年, 学部3年
講座内容:
1. 就職の心構え (相吉先生)
2. 就職マナー講座 (荒井先生)


第8回 物質探索・設計セミナー (2/26(金))のお知らせ ”交流スピントロニクスの最前線”

【第8回 物質探索・設計セミナー(神原研)のお知らせ】
スピントロニクスと呼ばれる研究分野は, トンネル磁気抵抗(TMR)ヘッドをはじめとして高密度な情報ストレージに必須となった技術をもたらしました.
今回はスピントロニクスの一分野 “磁気電気容量効果”の先駆者である海住英生先生をお招きし最新の研究を中心に講義いただく予定です.
——————————————————————–
講演者: 海住 英生 氏
(北海道大学電子科学研究所 准教授)
題目: 交流スピントロニクスの最前線
日時: 2016年2月26日(金) 13:00-14:00
場所: 慶應義塾大学 矢上キャンパス 14棟201号室 (セミナールーム1)
要旨: 電子の電荷とスピンの2つの自由度を利用する「スピントロニクス」は今世紀に入り輝かしい発展を遂げてきた。中でも、強磁性体/絶縁体/強磁性体から構成される強磁性トンネル接合は、室温にて巨大なトンネル磁気抵抗(TMR)効果を示すことから、国内外で盛んに研究が進められてきた。一方で、強磁性トンネル接合は室温にてトンネル磁気キャパシタンス(TMC)効果も示す[1,2]。最近、我々は室温にて150%を超えるTMC比を観測することに成功し、そのメカニズムがDebye-Fröhlichモデルにより説明できることを明らかにした[3]。本モデルによると、更なるTMC比の向上も期待できる。
このような磁場によりキャパシタンスが変化する「磁気キャパシタンス(MC)効果」は、強磁性トンネル接合のみならず、近年盛んに研究が行われているマルチフェロイック材料においても発見されている。最近では、磁気ナノグラニュラー膜[4]、分子スピントロニクス素子[5]、強磁性単電子トランジスタ[6]においても発見されており、MC効果に関連する当該研究分野が急速に発展している。このような観点から他の様々な材料・物質・デバイスにおいても巨大なMC効果が発見される可能性は極めて高く、学術的に広く展開していくものと期待できる。本講演では、このような新たな学際領域である「交流スピントロニクス」について、最近の動向を中心に紹介する。
[1] H. Kaiju et al.: J. Appl. Phys. 91, 7430 (2002).
[2] P. Padhan et al.: Appl. Phys. Lett. 90, 142105 (2007).
[3] H. Kaiju et al.: Appl. Phys. Lett. 107, 132405 (2015).
[4] N. Kobayashi et al.: Nat. Commun. 5, 4417 (2014).
[5] J.-Y. Hong et al.: SPIN 4, 1440015 (2014).
[6] T.-H. Lee et al.: Sci. Rep. 5, 13704 (2015).

*本件の連絡先: 物理情報工学科 神原陽一 (E-mail: kamihara_yoichi@appi.keio.ac.jp)


“スピン量子物性” 新版 窮理図解 (安藤 和也 准教授)

新窮理図解 No. 21 において,
安藤和也 准教授 が特集されました.

“私の本棚”の項には, 安藤先生が意外な本を愛読していることが書かれています.

以下は, 緒言から引用した文章です.
———————————————————————————————–
スピントロニクスとは、スピンという電子のもつ量子力学的自由度が生み出す新しい物理現象を探索し、電子技術への応用を目指す分野である。安藤和也さんは、電流と変換可能で、エネルギーをほとんど損失することなく情報を伝達できるとして注目されるスピン流を理論的に解き明かすことで、スピントロニクスの発展に役立てようと研究に取り組んでいる。
新版窮理図解No. 21
———————————————————————————————–