2007年度 椎木研究室

■構成

教授

椎木一夫

博士課程2年

堀切康平

修士課程2年

大西達雄、後藤暁守、高橋 肇

修士課程1年

河村 賢、竹内 功、竹田和弘

学部4年

澤井慶介、杉村昌彦、 東谷信彦、中村良法

■進路

日本電気
ソニー
損保ジャパン
旭化成エレクトロニクス
大学院修士進学

■博士論文、修士論文題目及び卒業研究題目

博士論文

石井紀彦 「波長多重方式による光メモリーの大容量化に関する研究」
主査:椎木一夫、副査:太田英二、的場正憲、松本佳宣、梅垣真祐

高戸直之 「表面生成型負イオン源における負イオン源ビーム強度の非一様性発生機構に
関する研究」
主査:畑山明聖、副査:椎木一夫、中村義春、中野誠彦

星野一生 「トカマクにおける境界層プラズマ流の構造と重金属不純物輸送に関する研究」
主査:畑山明聖、副査:椎木一夫、中村義春、中野誠彦

池田和磨 「熱電変換性能と有効質量の異方性に関する研究」
主査:的場正憲、副査:椎木一夫、太田英二、佐藤徹哉、藤谷洋平

修士論文

大西達雄 「有限温度における磁化状態シミュレーション」c
後藤暁守 「垂直2層膜媒体の高周波磁化応答シミュレーション」
高橋 肇 「Co/AlOx/Coスピントンネル素子における絶縁破壊現象の温度特性評価」

卒業研究

澤井慶介 「トンネル分光法によるMgO絶縁層の評価」
杉村昌彦 「熱アシスト磁気記録のための近接場光シミュレーション」
東谷信彦 「熱アシスト垂直磁気記録のシミュレーション」
中村良法 「高周波における磁気ヘッドの磁化応答」

本年度の輪講は過去の修士論文等を中心に行った。新歓、夏合宿、バーベキュー、卒論/修論打ち上げなどを行った。

■論文および学会発表など

原著論文

  • Thickness dependence of domain walls on Co thin films
    Journal of Magnetism and Magnetic Materials 310 (2007) 2604 – 2605
    Kohei Horikiri, Takeshi Kohno, Masahiro Morizumi and Kazuo Shiiki
  • Narrow track ring head for high frequency magnetic recording
    Journal of Magnetism and Magnetic Materials 316 (2007) 195-198
    Kazuo Shiiki
  • Electrical breakdown of Co /AlOx /Co tunnelling junction
    Physica Status Solidis (c) 4 (2007) 4532-4535
    Kohei Horikiri and Kazuo Shiiki
  • Thermal oxidation states of Al thin film
    JP Journal of Solids and Structures 1(2007) 207-215
    Kazuo Shiiki, Masahiro Morizumi and Kohei Horikiri

国際学会

  • Electrical breakdown of Co /AlOx /Co tunnelling junction
    International Symposium on Advanced Magnetic Materials and Applications
    2007 (eju island, Korea) May 28-June 1(30) RC-13
    Kohei Horikiri and Kazuo Shiiki
  • Simulation of magnetization at finite temperature by the Metropolis method
    16th International Conference on the Computation of Electromagnetic Feilds
    2007 (Aachen, Germany) Jun 24-28(25)PA3-10
    Tatsuo Onishi and Kazuo Shiiki
  • Thermal oxidation states of Al thin film
    International Conference on Materials for Advanced Technologies 2007
    2007 (Singapore) July 1-6(3) E-5-PO30
    Kazuo Shiiki and Masahiro Morizumi
  • Simulation for high frequency magnetization response of perpendicular double-layer media
    Workshop on Thermal and Optical Magnetic Materials and Devices MORIS2007
    2007 (Pittsuburgh, USA) September 24-26(24) PA-16
    Akimori Goto and Kazuo Shiiki

国内学会、研究会

  • 垂直二層膜媒体の高周波磁化応答シミュレーション
    第31回日本応用磁気学会学術講演会(学習院大学9/11-14) 14aE-1
    後藤暁守、椎木一夫
  • 絶縁層薄膜の表面状態に関する研究
    日本物理学会年会2007年秋季大会 (北海道大学9/21-24) 22aPS-56
    竹内 功、椎木一夫
  • TMR素子の絶縁破壊温度依存性
    日本物理学会年会2007年秋季大会 (北海道大学9/21-24) 22aPS-71
    高橋 肇、椎木一夫
  • Fe/MgO/Feトンネル接合における磁気抵抗効果のシミュレーション
    日本物理学会年会2007年秋季大会 (北海道大学9/21-24) 22aPS-78
    椎木一夫
  • TMR素子Co/AlOx/Coの絶縁破壊に関する研究(2)
    日本物理学会年会2007年秋季大会 (北海道大学9/21-24) 22aPS-80
    堀切康平,椎木一夫
  • MgO絶縁層の評価
    日本物理学会年会2007年秋季大会 (北海道大学9/21-24) 22aPS-81
    河村 賢、堀切康平,椎木一夫
  • トンネル分光法によるMgO絶縁層の評価
    日本物理学会第63回年次大会 (近畿大学3/22-26)23aPS-6
    澤井慶介、河村 賢、堀切康平,椎木一夫
  • MgOを用いたスピントンネル素子の評価
    日本物理学会第63回年次大会 (近畿大学3/22-26)23aPS-7
    河村 賢、澤井慶介、堀切康平,椎木一夫
  • Co/AlOx/Coトンネル接合の電圧印加による特性変化
    日本物理学会第63回年次大会 (近畿大学3/22-26)23aPS-9
    堀切康平,椎木一夫
  • PSO法を用いた数値計算によるTMR素子の評価
    日本物理学会第63回年次大会 (近畿大学3/22-26)23aPS-12
    竹田和弘、堀切康平,椎木一夫
  • 絶縁体薄膜の表面状態に関する研究
    日本物理学会第63回年次大会 (近畿大学3/22-26)23aPS-14
    竹内 功,椎木一夫,堀切康平

Dept. Applied Physics and Physico-Informatics