2002年度 藤谷研究室

構成

助教授 藤谷洋平
M1 岡本隆一、松永夏真
B4 稲浦慶一郎、岡田有史、古城徹、星野英一郎

研究成果

  • Minimum-Work Process for Isothemal Shift of a Brownian Particle
    有限時間内では最小仕事過程が存在しないことを、簡単な例で示した。
    (Journal of the Physical Society of Japan, in press)
  • Group-Theoretical Calculation for a Diffusion Coefficient
    in Vacancy-Assisted Diffusion
    空孔拡散機構における拡散係数の従来の計算を群論を用いて簡単化した。
    (in preparation)

発表論文、学会発表

  • Youhei Fujitani,
    Passive-scalar diffusion in a fluid membrane
    Journal of Chemical Physics 116, 7787-7794 (2002)
  • Youhei Fujitani, Shintaro Mori and Ichizo Kobayashi
    Reaction-diffusion model for interference in meiotic crossing-over,
    Genetics 161, 365-372 (2002)
  • Yohichi Suzuki, Kazuo Kitahara, Youhei Fujitani and Sumie Kinouchi,
    Vacancy-assisted diffusion in a honeycomb lattice and a diamond lattice
    Journal of Physical Society of Japan 71, 2936-2943 (2002)
  • Youhei Fujitani and Ichizo Kobayashi,
    Asymmetric random-walk in a reaction intermediate of homologous recombination
    Jounal of Theoretical Biology 220, 359-370 (2003)

卒業論文

  • 稲浦慶一郎
    流体膜上でのブラウン粒子の拡散に対する速度ゆらぎの影響
  • 岡田有史
    ファイバー中の光伝送のTEM波近似を用いないWKB解析
  • 古城徹
    有限時間内の等温環境で不可逆仕事を最小にする過程
  • 星野英一郎
    今井による巨視的電磁場の定義の妥当性の静電場における検討

進路

  • 慶應大学大学院基礎理工専攻応物専修 2名
  • 京都大学大学院理学系研究科物理学専攻(原子核理論) 1名
  • 東京大学大学院総合文化研究科理論科学 1名

研究費

通常の教育研究費、理科設備費のほかに助成は得ていない。


Dept. Applied Physics and Physico-Informatics