2004年度 藤谷研究室

構成

助教授

藤谷洋平

D1

岡本隆一,松永夏真

M2

稲浦慶一郎,岡田有史

M1

鈴木博之

B4

安藤史顕,川崎猛史,佐藤茉莉,服部恒一,深川宏樹,松本相玄

 

研究成果

Group theoretical calculation of the diffusion coefficient via the
vacancy-assisted mechanism (J Phys Soc Jpn, in press)

Small deformation of a nearly circular lipid-raft in the stagnation flow (J
Phys Soc Jpn, in press)

発表論文、学会発表

Youhei Fujitani
A flow due to translation of a sphere with viscosity smoothened across the
interface (poster)
International workshop on physics of soft matter complexes, Nov. 2004,
Tokyo

Youhei Fujitani
Self-diffusionin a fluid membrane (poster)
International workshop “Brownian motion 100years after Einstein”, March
2005, Leiden, the Netherlands

Ryuichi Okamoto and Youhei Fujitani
Vacancy-assisted diffusion in body- and face-centered cubic lattice (poster)
KAIST-SNU CTP 9th international workshop on similarity in diversity, June
2004, Daejon, Korea

Tadas Nakamura and Ryuichi Okamoto
Relativistic thermodynamics with angular momentum and its application
(invited)
2004 Asia-Pacific science conference, August 2004, Qingdao, China

藤谷洋平
界面で平滑化された粘性をもつ液滴まわりの流れ
日本物理学会,千葉,2005年3月

岡本隆一,中村匡(福井県立大)
相対論的熱力学と角運動量
日本物理学会,千葉,2005年3月

 

卒業論文

安藤史顕, 電場のエネルギー密度の巨視的表式の分子動力学法による検証
川崎猛史, 脂質二重膜における自己拡散係数のモードカップリング法による計算
佐藤茉莉, よどみ流中での脂質二重膜のほぼ円形のラフトの微小変形
服部恒一, 流体の速度相関に関するコアシン近似の関数展開による導出
深川宏樹, 層間摩擦のある脂質二重膜の線形応答
松本相玄, 液滴界面での粘性の平滑化による流速場への影響

 

修士論文

岡田有史, 溝付き屈折率分布をもつファイバーにおける光伝送のWKB近似を用いた解析

進路

船井総研
京都大学大学院(人間環境学研究科,宇宙物理理論)
東京大学大学院(工学系研究科,ソフトマター)
慶應義塾大学大学院理工学研究科(基礎理工学,物理)
東京大学大学院(理学系研究科,原子核理論)
慶應義塾大学大学院理工学研究科(基礎理工学,数理)
ロンドン大学大学院修士課程(物理)

研究費

通常の教育研究費,機器備品費,慶應学事振興資金


Dept. Applied Physics and Physico-Informatics