2005年度 椎木研究室

研究室の構成と概要

教授

椎木一夫

修士課程2年

旭慎太郎、荒川信行、五十嵐一也、河野剛、税所和也、堀切康平

修士課程1年

本島久義、森住昌弘、三宅朝成

学 部 4年

乙部恵美、大西達雄、後藤暁守、高橋 肇、平野佑佳

博士論文、修士論文題目及び卒業研究題目

<博士論文>

海住英生 「磁気抵抗効果妻子を用いた発信制御型高感度磁気センシングに関する研究」
主査:椎木一夫、副査:太田英二、的場正憲、松本佳宣
久保俊晴 「ニオブ/黒鉛複合系の超伝導近接効果に関する研究」
主査:太田英二、副査:椎木一夫、安西修一郎、的場正憲、佐藤徹哉
花井 計 「微細三次元構造形成用リソグラフィー技術の研究」
主査:松本佳宣、副査:椎木一夫、白鳥世明、津田裕之
安部 剛(東邦大学理学部物理)
「AFC媒体の記録再生と磁気転写のシミュレーションに関する研究」
主査:品川公成、副査:後藤哲二、片山利一、齋藤敏明、椎木一夫

<修士論文>

旭慎太郎 「トンネル接合における非弾性トンネル接合に関する研究」
荒川信行 「数値計算を用いたトンネル磁気抵抗素子の絶縁層の評価法に関する研究」
五十嵐一也「反応性スパッタ法による絶縁層AlNの研究」
河野 剛 「Co/AlOx/Co スピントンネル素子における絶縁破壊現象に関する研究」
税所和也 「発振制御型磁気センシング法の応答特性」
堀切康平 「Co薄膜の磁化状態に関する研究」

<卒業研究>

乙部恵美 「スピントンネル素子のノイズの研究」
大西達雄 「有限温度での磁化状態シミュレーション」
後藤暁守 「垂直二層膜媒体の磁化過程シミュレーション」
高橋 肇 「Co/AlOx/Co TMR素子の高温における絶縁破壊現象に関する研究」
平野佑佳 「熱アシスト垂直磁気記録の高密度化の検討」

本年度の輪講は過去の修士論文等を中心に行った。新歓、夏合宿、バーベキュー、卒論/修論打ち上げなどを行った。

論文および学会発表など

<著作>

  • エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと

日本実業出版社 2005年10月20日 ISBN4-534–03984-0  椎木一夫

<原著論文>

  • Micro-magnetic simulation of high frequency magnetization process
    Journal of Magnetism and Magnetic Materials 290 (2005) 456-459
    Kazuo Shiiki and Hironobu Hori
  • Oscillation controlled magnetic sensing by using spinelectronic devices
    Comp. Comm. Cont. Tech. Proc. 2, (2005) 31-34
    Hideo Kaiju and Kazuo Shiiki
  • 高周波磁化応答のシミュレーション
    電子情報通信学会技術研究報告105(315)(2005)19-23  三宅朝成、椎木一夫
  • シミュレーションを用いた熱アシスト磁気記録高密度化の検討
    電子情報通信学会技術研究報告105(316)(2005)19-24  本島久義、椎木一夫

<国際学会>

  • Effect of unoxidized residual Al at boundary of Co/Al-oxide/Co junction on TMR estimated by LMTO band calculation
    3rd International Conference on Materials for Advanced Technologies
    2005(Singapore) July 3 – 8(6) D-6-PO3
    Kazuo Shiiki, Naoki Sakaguchi and Hideo Kaiju
  • Evaluation of Barrier Height and Thickness in Tunneling Junctions by Numerical Calculation on Tunnel Probability
    3rd International Conference on Materials for Advanced Technologies
    2005(Singapore) July 3 – 8(6) D-6-PO13
    Nobuyuki Arakawa, Yuki Otaka, and Kazuo Shiiki
  • Oscillation Controlled Magnetic Sensing by Using Spinelectronics Devices
    3rd International Conference on Computing, Communications and
    Control Technologies 2005 (Austin, Texas, USA) July 24-27(25) TI82RU
    Hideo Kaiju and Kazuo Shiiki
  • Response of oscillation controlled magnetic sensing
    50th Magnetism and Magnetic Materials Conference
    2005 (San Jose, California, USA) Oct 30- Nov 3 ( 31) CQ-11
    Kazuya Saisho and Kazuo Shiiki
  • Dielectric breakdown of spin-tunnel junctions under costant vo;tage stress
    50th Magnetism and Magnetic Materials Conference
    2005 (San Jose, California, USA) Oct 30- Nov 3 (3 ) HS-07
    Takashi Kono and Kazuo Shiiki

<国内学会、研究会>

  • トンネル過程における非弾性トンネルの影響に関する研究
    日本物理学会年会2005年秋季大会 (同志社大学京田辺9/19-22) 21pPSA-7
    旭慎太郎,森住昌弘,河野剛,椎木一夫
  • 反応性スパッタ法による絶縁層AlNの研究III
    日本物理学会年会2005年秋季大会 (同志社大学京田辺9/19-22) 21pPSA-8
    五十嵐一也,椎木一夫
  • Co/AlOx/CoTMR素子の絶縁破壊現象に関する研究III
    日本物理学会年会2005年秋季大会 (同志社大学京田辺9/19-22) 21pPSA-9
    河野剛,椎木一夫
  • Co/AlOx/Co TMR素子の絶縁層AlOxにおける熱酸化の影響
    日本物理学会年会2005年秋季大会 (同志社大学京田辺9/19-22) 21pPSA-10
    森住昌弘,河野剛,堀切康平,荒川信行,椎木一夫
  • 数値計算によるAl/AlOx/Al・Co/AlOx/Coトンネル素子の膜厚・障壁高さの評価に関する研究
    日本物理学会年会2005年秋季大会 (同志社大学京田辺9/19-22) 21pPSA-11
    荒川信行,椎木一夫
  • TMR素子Co/AlOx/CoのCo薄膜の磁化状態に関する研究
    日本物理学会年会2005年秋季大会 (同志社大学京田辺9/19-22) 21pPSA-12
    堀切康平,河野剛,森住昌弘,椎木一夫
  • 発振制御型磁気センシング法の応答特性
    第29回日本応用磁気学会学術講演会(信州大学工学部9/19-22) 19pB-12
    税所和也、海住英生、椎木一夫
  • 高周波磁化応答のシミュレーション
    第29回日本応用磁気学会学術講演会(信州大学工学部9/19-22) 20aA-9
    三宅朝成、椎木一夫
  • シミュレーションを用いた熱アシスト磁気記録高密度化の検討
    第29回日本応用磁気学会学術講演会(信州大学工学部9/19-22) 21pE-5
    本島久義、椎木一夫
  • 高周波磁化応答のシミュレーション
    平成17年度電子情報通信学会磁気記録研究会(岡山大学10/6-7)(6) 4
    三宅朝成、椎木一夫
  • シミュレーションを用いた熱アシスト磁気記録高密度化の検討
    平成17年度電子情報通信学会磁気記録研究会(岡山大学10/6-7)(7) 11
    本島久義、椎木一夫
  • 高周波磁化応答のシミュレーション
    IDEAMAヘッド・ディスク分科会(東京虎ノ門弁護士ビル2/10)1
    (IDEMA:The International Disk Drive Equipment and Materials Association)
    三宅朝成、椎木一夫
  • Co/AlOx/Co TMR素子の絶縁層AlOxにおける熱酸化の影響II
    日本物理学会第61回年次大会 (愛媛大学・松山大学3/27-30)27pPSA-12
    森住昌弘,河野剛,堀切康平,荒川信行,椎木一夫
  • Co/AlOx/Co TMR素子の高温における絶縁破壊現象に関する研究
    日本物理学会第61回年次大会 (愛媛大学・松山大学3/27-30)27pPSA-13
    高橋肇,椎木一夫

進路

電源開発株式会社
アクセンチュア
キャノン 2名
トヨタ自動車
博士課程進学
修士課程進学 4名


Dept. Applied Physics and Physico-Informatics