2005年度 佐藤研究室

■構成

教授

佐藤徹哉

助手

牧英之

大学院

小松克伊(D2)、藏浩彰(D2)、新井隆太 (M2)、石井純平(M2)、大場洋次郎(M2)、廣岡司(M2)、水野遊生(M2)、渡辺敬太(M1)、大野暁 (M1)、関健太(M1)、竹内洋司(M1)、伊達智洋(M1)、田中洋範(M1)、水谷友(M1)

学部

樫原周一郎(B4)、乾智絵(B4)、浦山太一(B4)、岡本啓明(B4)、庭山潤(B4)、水野智行(B4)

■ 研究成果

(1) スピングラス磁性に関する研究

  1. ナノスケールスピングラスの作製とそのエイジング現象
  2. 光照射を用いた相互作用摂動下でのスピングラスのエイジング現象
  3. 希薄磁性半導体SnGeMnTeの作製とその磁気特性
  4. ハイゼンベルグス型リエントラントピングラスにおける異常ホール効果を用いたカイラリティ仮説の検証
  5. スピングラストンネル接合を用いた零磁場下でのエイジング現象の解明
  6. ハイゼンベルグスピングラスの異常ホール効果測定

(2) 光と磁性の相互作用に関する研究

  1. 化学合成したFePtCuナノ粒子の低温におけるL10構造への変態とその磁気・磁気光学特性の評価
  2. FePdナノ粒子のL10構造への変態とその磁気光学効果への応用
  3. CdMnTeナノ粒子の作製とその光アイソレータへの応用
  4. 室温で強磁性を示す希薄磁性半導体ZnCrTeナノ粒子の作製
  5. 化学合成したZnTeナノ粒子の光学ポリマー中への均質分散

(3)金属ナノ粒子表面の磁性に関する研究

  1. Pdナノ粒子の強磁性発現と内部ひずみとの関連
  2. 第1原理計算を用いたPd低次元系の磁性の研究
  3. ESRを用いたPdナノ粒子における軌道角運動量の評価

(4)微細加工技術を用いた新規デバイス開発に関する研究

  1. 電界印加を用いたPd薄膜の磁性発現に関する研究
  2. 局所電場によるカーボンナノチューブのキャリヤ制御

(5)ナノスケール磁性体の力学的性質に関する研究

  1. CrFe薄膜における電気抵抗振動に関する研究
  2. 強磁性形状記憶合金Fe-Pdのマルテンサイト変態温度の粒径依存性
  3. 強磁性形状記憶合金Fe-Pd薄膜における構造変態に対する基板の影響

進路

東芝 1名
横河フィールドエンジニアリングサービス 1名
旭化成 1名
ソニー 1名
富士写真フィルム 1名
慶応義塾大学大学院総合デザイン工学専攻博士課程 1名
慶応義塾大学大学院総合デザイン工学専攻修士課程 5名

■発表論文・学会発表・特許申請など

論文

  • Satoshi Hashimoto, Yuji Matsuda, Tetsuya Sato, Shuichiro Anzai, “Negative magnetization in the magnetic transition process of (Cr0.70Ti0.30)5S6“, Journal of Applied Physics 98(12)123903 1-8(2005).
  • Keita Watanabe, Hiroaki Kura, Tetsuya Sato, “Transformation to L10 structure in FePd nanoparticles synthesized by modified polyol process”, Science and Technology of Advanced Materials 7(2)145-149(2006).
  • T. Kawano, J. Yahiro, H. Maki, H. Imai, “Epitaxial growth of wurtzite ZnO crystals in an aqueous solution system”, Chemistry Letters, Vol. 35 (2006) 442-443.

解説論文

  • 篠原武尚、佐藤徹哉、「金属超微粒子表面に出現する強磁性」、固体物理 40, 535-544(2005).
  • 篠原武尚、佐藤徹哉、「Pd多面体超微粒子の表面に発現する強磁性」、日本物理学会誌 60(10)791-795(2005).

国内学会発表

  • 平成17年9月 佐藤徹哉
    領域3、領域9合同シンポジウム「ナノスケールで発現する金属磁性」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  • 平成17年9月 大場洋次郎、佐藤徹哉、篠原武尚
    「Pd超微粒子の強磁性に対する結晶欠陥の影響」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  • 平成17年9月 田中洋範、藏裕彰、佐藤徹哉
    「希薄磁性半導体Cd 1-x Mn x Te超微粒子の作成と評価」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  • 平成17年9月 庭山潤、藏裕彰、佐藤徹哉
    「強磁性半導体(Zn, Cr)Te超微粒子の合成と評価」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  •  平成17年9月 藏裕彰、佐藤徹哉
    「オートクレーブを用いたL10FePtCuナノ粒子の合成」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  •  平成17年9月 廣岡司、佐藤徹哉
    「GeをドープしたCd 1-x Mn x Teの磁気特性」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  • 平成17年9月 新井隆太、小松克伊、佐藤徹哉
    「スピングラス半導体のエイジングに対する光照射時のキャリヤ励起の効果」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  • 平成17年9月 水野遊生、小松克伊、佐藤徹哉
    「リエントラントスピングラスNiPtMn薄膜の異常ホール効果」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  • 平成17年9月 浦山太一、水野遊生、小松克伊、佐藤徹哉
    「スピングラス磁性体AgMn薄膜における異常ホール効果の測定」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  • 平成17年9月 小松克伊、佐藤徹哉
    「メゾスコピック領域におけるスピングラスの振舞」
    日本物理学会第2005年秋季大会、同志社大学田辺キャンパス
  • 平成17年12月 牧英之, 佐藤徹哉, 石橋幸治
    「カーボンナノチューブ-電極間コンタクトの電子輸送特性への影響」
    第16回日本MRS学術シンポジウム、日本大学
  • 平成18年3月 大野暁、大場洋次郎、佐藤徹哉、田口明仁、影島博之、篠原武尚
    「Pdナノワイヤにおける強磁性発言機構の第一原理計算による研究」
    日本物理学会第61回年次大会、愛媛大学・松山大学
  • 平成18年3月 岡本啓明、大野暁、大場洋次郎、佐藤徹哉、篠原武尚
    「ESRによるPdナノ粒子の軌道角運動量の評価」
    日本物理学会第61回年次大会、愛媛大学・松山大学
  • 平成18年3月 大場洋次郎、佐藤徹哉、篠原武尚
    「粒子形状および結晶構造解析によるPdナノ粒子の強磁性領域の特定」
    日本物理学会第61回年次大会、愛媛大学・松山大学
  • 平成18年3月 浦山太一、水野遊生、小松克伊、佐藤徹哉、牧英之
    「スピングラス磁性体AgMn薄膜における異常ホール効果の測定」
    日本物理学会第61回年次大会、愛媛大学・松山大学
  • 平成18年3月 水野遊生、小松克伊、牧英之、佐藤徹哉
    「リエントラントスピングラスNiPtMn薄膜における異常ホール効果」
    日本物理学会第61回年次大会、愛媛大学・松山大学
  • 平成18年3月 竹内洋司、小松克伊、佐藤徹哉、牧英之、谷山智康
    「トンネル抵抗を用いた零磁場におけるスピングラスの挙動」
    日本物理学会第61回年次大会、愛媛大学・松山大学
  • 平成18年3月 新井隆太、小松克伊、佐藤徹哉
    「スピングラス半導体のダイナミクスに対する光照射効果」
    日本物理学会第61回年次大会、愛媛大学・松山大学
  • 平成18年3月 廣岡司、佐藤徹哉
    「IV-VI族希薄磁性半導体Sn1-x-yGeyMnxTeの磁気特性」
    日本物理学会第61回年次大会、愛媛大学・松山大学
  • 平成18年3月 小松克伊、牧英之、佐藤徹哉、谷山智康
    「メゾスコピック領域におけるスピングラスの振舞II」
    日本物理学会第61回年次大会、愛媛大学・松山大学
  • 平成18年3月 牧英之、佐藤徹哉、石橋幸治
    「低・高仕事関数金属電極による単層カーボンナノチューブのキャリア制御」
    2006年春季 第53回応用物理学関係連合講演会、武蔵工業大学

国際会議発表

  • 2005年9月 Tetsuya Sato
    “Some experimental approaches to study the aging phenomena in spin glasses”
    French-Japanese bilateral seminar on “Recent progress in glassy physics” (Paris)
  • 2005年11月 Y. Oba, T. Sato, T. Shinohara
    “Gas adsorption on the surface of ferromagnetic Pd nanoparticles”,
    International Conference on surface Science and Nanotechnology, Omiya (Japan)
  • 2005年11月 T. Date, Y. Oba, T. Sato, T. Shinohara
    “Magnetization dependent on orientation of crystal face in Ni nanoparticles”,
    International Conference on surface Science and Nanotechnology, Omiya (Japan)

特許

牧英之、佐藤徹哉、電界制御磁性素子及び電界制御磁気メモリ素子、特願2006-72031

学位論文

博士論文

佐藤が副査として関係した論文

小安喜一郎:Active Control of Electronic Properties of Functional Nano-clusters with Hetero Atom Doping(異原子ドープ法を用いた機能ナノクラスターの電子物性制御)
2006年3月 (主査:中嶋 敦 教授)

修士論文

新井隆太:スピングラス半導体の光照射下でのダイナミクスに関する研究
大場洋次郎:Pdナノ粒子における強磁性発現領域の特定
廣岡司:非磁性元素ドープによるⅣ-ⅥおよびⅡ-Ⅵ族希薄磁性半導体の磁性制御
水野遊生:リエントラントスピングラスNiPtMn薄膜の異常ホール効果測定によるカイラリティ仮説の検討
渡邊敬太:FePd超微粒子分散系のファラデー効果測定

学士論文

乾智絵:表面修飾ZnTeナノ粒子を用いたポリマー系ナノコンポジットの作製
浦山太一:AgMnスピングラス薄膜の異常ホール係数の精密測定
岡本啓明:Pdナノ粒子に発現する強磁性のESRによる検討
庭山潤:強磁性を示す希薄磁性半導体Zn1-xCrxTeナノ粒子の化学的手法による作製
水野智行:電子・正孔注入制御のためのカーボンナノチューブダブルゲート型トランジスタの作製


Dept. Applied Physics and Physico-Informatics