2006年度 齊藤研究室

構成

教員

齊藤英治

博士1年

針井一哉

学部

安藤和也、 捧耕平

進路

大学院修士課程進学 2名

発表論文・学会発表・特許など

発表論文

  1. E. Saitoh, M Ueda, H. Miyajima, and G. Tatara, “Conversion of spin current into charge current at room temperature: inverse spin-Hall effect” Applied Physics Letters 88 (2006) 182509/1-182509/3.
  2. M. Tanaka, E. Saitoh, H. Miyajima, T. Yamaoka, and Y. Iye, “Magnetic ice rule in a ferromagnetic honeycomb nano-network” Physical Review B 73 (2006) 052411_1-052411_4.
  3. M. Tanaka, E. Saitoh, H. Miyajima, and T, Yamaoka, “Asymmetric field variation of magnetoresistance in NiFe honeycomb nano-network” Journal of Applied Physics 99 (2006) 08G314/1-08G314/3.
  4. T. Yamaoka, K. Watanabe, Y. Shirakawabe, K Chinone, E. Saitoh, and H. Miyajima, “Observations of a Single Magnetic Domain Wall in a Nano-Magnet with High-Resolution MFM”, Japanese Journal of Applied Physics 45 (2006) 2230-2233.
  5. E. Saitoh “Magnetic resonance coupled with electric and spin currents in NiFe nanostructures”, IEEE nano 2 (2006) 850-852.
  6. H.Y. Inoue, K. Harii, and E. Saitoh, “Field-angle dependence of magnetic resonance in FeNi/Pt films” Journal of Magnetism and Magnetic Materials 310 (2007) 699-701.

学会・国際会議発表
国際会議等招待講演

  1. 2006年7月20日 E. Saitoh, “Spinmotiveforce and electromotiveforce coupled with magnetic dynamics (招待講演)“, IEEEnano 2006 (at Cincinnati, Ohio).
  2. 2006年9月13日 E. Saitoh, “Spinmotiveforce and Electromotiveforce Coupled with Magnetic Dynamics (招待講演)“, The 3rd Asia Forum on Magnetics (at Matsue).
  3. 2007年2月19日 E. Saitoh, “Inverse spin-Hall effect observed in NiFe/Pt (招待講演)“, Symposium on Spin current (at Sendai).
  4. 2006年10月17日 針井一哉、齊藤英治「スピン流の生成と検出(招待講演)」スピントロニクスの基礎と応用:次世代スピンデバイス基盤技術とTMRデバイス応用の最前線、応用物理学会主催(東京).

一般講演等

  1. 2006年8月21日K. Harii, T. Yamaoka, and E. Saitoh, “Interaction between domain-wall dynamics and electric current” International conference on magnetism 2006 (at Kyoto).
  2. 2006年8月22日H. Inoue, K. Harii, and E. Saitoh, “Electromotive force induced by magnetic resonance in Pt/NiFe films” International conference on magnetism 2006 (at Kyoto).
  3. 2006年9月18日 安藤和也,捧耕平,針井一哉,井上博之,齊藤英治「強磁性NiFe/非磁性金属接合における電流-磁気ダイナミクス」日本物理学会2007年度春季大会(鹿児島大学).
  4. 2006年9月18日 捧耕平,針井一哉,安藤和也, 井上博之,齊藤英治「強磁性NiFe複合ナノ構造における磁気ダイナミクス-電圧変換 」日本物理学会2007年度春季大会(鹿児島大学).
  5. 2006年9月18日 針井一哉,安藤和也,捧耕平,井上博之,齊藤英治「NiFeナノ構造における形状依存磁気ダイナミクス」日本物理学会2007年度春季大会(鹿児島大学).
  6. 2006年10月21日 齊藤英治「NiFe/Ptにおける逆スピンホール効果の観測(招待講演)」財団法人新世代研究所スピントロニクス研究会 (東京).

特許

  1. 国内特許:特願2006-251737「バッテリー、バッテリーシステムおよびマイクロ波発振装置」
    (大谷義近、柴田絢也、多々良源、齊藤英治).
  2. 国内特許:特願2007-068371「スピン緩和変調方法、スピン流検出方法、及び、スピン緩和を利用し たスピントロニクスデバイス」
    (安藤和也、針井一哉、捧耕平、齊藤英治).

 

受賞

  1. 安藤和也 物理情報工学科主任賞.
  2. 捧耕平 物理情報工学科特別賞(優秀プレゼンテーション賞)

研究助成

  1. 文部科学省科学研究費補助金(若手研究A)”ナノ変調構造磁性体における超スピン伝導とスピン量子物性”.
  2. 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度SCOPE-R ”スピン流を用いた超低電力量子情報伝送技術の研究開発”.
  3. 財団法人新世代研究所研究助成 “ナノ磁性体におけるスピン流-電流相互変換効果”.
  4. 慶應義塾先端科学技術研究センター指定研究プロジェクト次世代先端分野探索研究(単年度)“金属ナノ構造におけるスピン流の検出・制御技術の研究開発”.
  5. 慶應義塾学事振興資金(特A) “スピンホール効果を利用したスピン流物性開拓研究”.

Dept. Applied Physics and Physico-Informatics